フォト
無料ブログはココログ

« 夏枯れ。 『九十九怪談 第一夜』 木原浩勝 / 角川文庫 | トップページ | ヒーロー屈す 「週刊コミックバンチ」休刊 »

2010/08/29

麻生太郎、って何してた人ですかー 『大問題 '10』 いしいひさいち+峯正澄 / 創元ライブラリ

10_3 【ところでオイ。 総理はだれがやるんだ。】

 電子書籍なら峯正澄のコラムだけ非表示にできるかしら、などと夢見てしまう『大問題』シリーズの新刊。踏ん切りの悪いコラムは鬱陶しいがそのマイナスを上回っていしいひさいちの切れ味がすごい。パサリ、首を切られた相手が気づかない、乾いた殺意の領域である。

 それにしても政権交代はほんの(ちょうど)1年前の夏のことだったのに、再三登場する麻生総理が1年前まで国政を代表する人物であったとはとうてい信じがたい。もしかしたらその当時も誰も信じていなかったのかもしれない。今さらどうでもいいことですが。

 109ページの4コマめ、舛添厚生労働大臣(当時)のセリフ。
  「お国とちがって
   互助社会の崩壊した
   日本の貧困は
   老人の
   年金に
   頼らざるを得ず
   死亡届が出て
   こないのです
   莫大に。」
 足立区の111歳ミイラ遺体事件に端を発する年金不正受給事件や高齢者所在不明問題を見事昨年のうちに言い当てていたことになる。
 舛添に言わせているところがまた巧い。

 実は逆なのかもしれない。111歳の老人が30年以上も姿を見せない。何が起こっているのか、近所でわかられていなかったはずがない。100歳以上の生死不明の戸籍が山ほど残っている。役場の戸籍課で認識されていなかったはずがない。そこへ、どこかの雑誌にこんな4コマが載ってしまったことで、誰かが動かざるを得なかった……そう考えるのも少し 楽しい。

« 夏枯れ。 『九十九怪談 第一夜』 木原浩勝 / 角川文庫 | トップページ | ヒーロー屈す 「週刊コミックバンチ」休刊 »

いしいひさいち」カテゴリの記事

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏枯れ。 『九十九怪談 第一夜』 木原浩勝 / 角川文庫 | トップページ | ヒーロー屈す 「週刊コミックバンチ」休刊 »