フォト
無料ブログはココログ

« 忘れられた画家たちの遠いかすれ声 『魔術的リアリズム─メランコリーの芸術』 種村季弘 / ちくま学芸文庫 | トップページ | 正面から描く ……何を? 『ラッキーマイン』(全4巻) 鈴木マサカズ / 講談社モーニングKC »

2010/05/28

紙だからこその厚み、手触り、色遣い 『漂流教室』 楳図かずお / 小学館

Photo 【おかあさん!!】

 今日、6月28日は国内でのiPadの発売日である。世界的に生産が間に合わないため発売される店舗が限定されている、とか、すでに徹夜で並ぶ者がいる、とかいった話題も耳にしている。

 iPadはタッチパネルディスプレイを搭載したハンドヘルドコンピュータだが、電子書籍ビューアとしての機能に(妙に)注目が集まっている(電子書籍販売に乗り気の版元が多いようだが、流通マージン、返本リスクが大幅に軽減されるのだから当然だろう)。とはいえ、iPadが今後読書界を征するのかどうかはわからない。レーザーディスクのように一過性のものとして、さらに次の世代の機器に乗り越えられてしまうかもしれない。ただ、いずれにせよ、電話やミュージックプレイヤー同様、本を読むという行為も、iPadのようなネットワーク機器に移っていくことは間違いないだろう。
 いずれ、本というものは、1冊1冊手元に置くものではなく、ネットワーク上に仮想図書館のようなものがあって、必要に応じてそこからページを表示させるだけで済むようになるに違いない。本を作るという行為は、1つのデータの塊を編集して、ネットワーク上に置くだけでよい。紙の無駄使いはなくなり、返品や廃棄などの面倒かつ金のかかる作業も不要、読み手の少ないマイナーな作品もきちんと保存されていく。メリットは多い。

 その一方、喪われていく「大切なもの」も少なくないだろう。
 音楽の販売形態の中心がレコードからCDに、さらに着うたダウンロードに移りつつある今、たとえば『クリムゾン・キングの宮殿』のジャケット、サウンドが一体となった圧倒的な迫力はもはや伝えようがない。それに類似したことが、本についても起こっていくに違いない。

 ここに赤、緑、青の奇妙で分厚い本がある。

 『漂流教室』は、楳図かずおの代表作の1つだ。否、この数十年の間に描かれたコミック作品の頂点の1つと言って過言ではないと思う。
 大和小学校の862人の子どもたちが突然学校の建物とともに荒涼と砂漠化した未来世界に放り出され、次々と襲い掛かる困難に死んでいく。『十五少年漂流記』などとは比較にならない、不信と狂気にあふれたその世界では、大人はパンのために子どもを絞め殺し、妄想の産んだ巨大な怪虫がザザザと迫り、病は蔓延し、父や母を求めた一年生がぽたぽたと屋上から落ちる。悪夢としかいいようのない展開が2242ページにわたって間断なく続く。

 もともと、楳図かずおという作家には、失敗作がほとんどない。常になにかしら新しい恐怖を、高い水準で提供してくれる作家なのだが、この『漂流教室』はその中でも不条理と論理のバランスのとれた、その分息苦しい、密度の高い作品となっている。狂気と暴力の描写も凄まじいが、それに向かい合う子どもたちの姿も、楳図作品としては珍しいほどに強く正面から描かれている(怪虫と闘い抜く池垣少年の最期は、陰惨ではあるが読み手を打つ)。

 『漂流教室』は1972~1973年に少年サンデーで連載され、すでに何度も単行本化、文庫化されているが、2007年の暮れに発売された3巻セットが凄い。
 1巻は赤、2巻は緑、3巻は青。カバーだけではない。6方向すべてにべったりとインクが塗られ、手元の、ページをめくる側にも作品中の一場面が印刷されている。カバーには「漂流教室」の文字が大きくざらざらと刻印され、カバーの裏、カバーの内側の表紙にも奇妙な色遣いでカットが描かれ、目次にあたる厚紙は意図的に折れ曲がったかのごときフェイクになっている。
 つまり、この3冊は、厚さ、手触り、色遣い、すべてにおいて楳図作品ならではのエキセントリックな味わいをかもし出しているのである。気の弱い小学生ならページをめくる前に泣き出すのではないか。

 ……いや。この3冊を手にとって涙を流すのは、本当に心の底から本が好きな者たちなのかもしれない。箱入りハードカバーの新刊小説がこの数十年で失われたように、十年後にはもうこのような豪華なコミックは出版されないかもしれない。しかし、十年後に『漂流教室』が電子書籍として入手可能になっていたとしても、この装丁、この厚みを手放すことはできないに違いない。レコードプレイヤーのない部屋の隅に、それでもアナログ版『クリムゾン・キングの宮殿』が静かに立てかけてあるように。

« 忘れられた画家たちの遠いかすれ声 『魔術的リアリズム─メランコリーの芸術』 種村季弘 / ちくま学芸文庫 | トップページ | 正面から描く ……何を? 『ラッキーマイン』(全4巻) 鈴木マサカズ / 講談社モーニングKC »

コミック(作品)」カテゴリの記事

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れられた画家たちの遠いかすれ声 『魔術的リアリズム─メランコリーの芸術』 種村季弘 / ちくま学芸文庫 | トップページ | 正面から描く ……何を? 『ラッキーマイン』(全4巻) 鈴木マサカズ / 講談社モーニングKC »