フォト
無料ブログはココログ

« あわれ自らのことは見通せず 『千里眼千鶴子』 光岡 明 / 河出文庫 | トップページ | 絶版しない豪奢 『決闘・妻』 チェーホフ 作、神西 清 訳 / 岩波文庫 »

2010/03/29

チェーホフ 生誕150周年

Photo  「モーツァルト生誕250周年」などというときの「生誕○周年」、あれはいったい何なんだろう。
 誰だろうが、生まれて、死んで、ほっといてもやがては100年、200年めがやってくる。これはその人物の業績や作品の価値とは何の関係もない。○週連続チャートイン、ほどにも意味がないことだ。

 とはいえ音楽や演劇、出版の世界では、「生誕○周年」という事実があるなら、少しでも催しや本の付加価値を高めるための枕詞として活用したい! そんな気持ちがあるのだろう。
 しかし、なあ。ロシアの劇作家、短編小説家の、それもことさらキリがいいとも思えぬ生誕150周年、これにどれほどの付加価値があるのやら。消費者の側からはよくわからない。

 とにもかくにも、不況極まる出版界で「何、生誕150周年? それなら!」と目を血走らせた編集会議が各地で行われたのだろうか、この2年ばかりの間に発刊・改版されたチェーホフ関連書は、主な文庫に限っても以下のとおり(発刊順)。並々ならぬボリュームである。

  『カシタンカ・ねむい(他七篇)』神西 清(岩波文庫)
  『チェーホフ・ユモレスカ  傑作短編集Ⅰ』松下 裕(新潮文庫)
  『チェーホフを楽しむために』阿刀田 高(新潮文庫)
  『チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集Ⅱ』松下 裕(新潮文庫)
  『チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島』松下 裕(ちくま文庫)
  『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』浦 雅春(光文社古典新訳文庫)
  『チェーホフ短篇集』松下 裕(ちくま文庫)
  『チェーホフの戦争』宮沢章夫(ちくま文庫)
  『子どもたち・曠野(他十篇)』松下 裕(岩波文庫)
  『ともしび・谷間(他七篇)』松下 裕(岩波文庫)
  『六号病棟・退屈な話(他五篇)』松下 裕(岩波文庫)
  『かもめ』浦 雅春(岩波文庫)
  『馬のような名字 チェーホフ傑作選』浦 雅春(河出文庫)

Photo_2  困ったことにチェーホフは短篇の名手であり、初期の膨大なユーモア短篇から後年の滋味深い中・短篇まで、さまざまな作品が残されている。後期の作品の多くでは、とくに大きな事件が起こるわけではなく、登場人物の生活と会話の中に深い幻滅と絶望がさらりと(ユーモアさえ交えて)描かれていることに特徴がある。ということは、傑作とそうでないものに大きな差がなく、膨大な作品群からどれを選んでもそれなりに傑作集となってしまうということだ。
 その結果、上のような短篇集や傑作選では、いずれも収録作が少しずつ──もしくは全く──異なり、いずれもそれなりに読める組み合わせ、ということになる。しかも、大きな事件やどんでん返しがないため、作品のあらすじは記憶に残りにくく、一度読んだはずの作品も初めてのように新鮮、清冽に読めてしまう。結局、全部買ってしまう。

 気がつけば「生誕150周年」に踊らされているわけだ。
 まあいい。少々忌々しい気がしないでもないが、踊ろう。

« あわれ自らのことは見通せず 『千里眼千鶴子』 光岡 明 / 河出文庫 | トップページ | 絶版しない豪奢 『決闘・妻』 チェーホフ 作、神西 清 訳 / 岩波文庫 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/48249396

この記事へのトラックバック一覧です: チェーホフ 生誕150周年:

« あわれ自らのことは見通せず 『千里眼千鶴子』 光岡 明 / 河出文庫 | トップページ | 絶版しない豪奢 『決闘・妻』 チェーホフ 作、神西 清 訳 / 岩波文庫 »