フォト
無料ブログはココログ

« 退屈にもほどがある? 『晩夏』(上・下) シュティフター 作、藤村 宏 訳 / ちくま文庫 | トップページ | ナイスタッチ、ナイスペア 『あなたに似た人』 ロアルド・ダール、田村隆一 訳 / ハヤカワ文庫 »

2010/02/28

昭和エレジイ 『地を這う魚 ひでおの青春日記』 吾妻ひでお / 角川書店

Photo 【笑いも漫画もさっぱりわかんないよ 夢中で描いてるだけ】

 昨夜最終回を迎えたNHK土曜ドラマ、『君たちに明日はない』がなかなか面白かった(全6回、原作 垣根涼介)。リストラ請負会社の面接官を主人公に、さまざまな業種を配して現代における「仕事」の意味を問う。原作のいくつかの短篇を刻んで再構成し、原作以上にご都合主義な面はあるものの、リストラ請負会社社長役の堺正章の怪演もあって、重み苦味を失わないまま最終回まで興趣が持続した。……などとついついぐねぐねした書き方をしてしまうが、いや面白いドラマでした。

 それにしても、いつの間にかこの国では、働くといえば「会社」を抜きには語れないようになってしまった。ドラマの登場人物の一人のように、会社という後ろ盾を失うと、自営業にも移れず、ホームレスまっしぐらという例も実際少なくないのかもしれない。これは転落の構図である。だが、かつて、実入りはホームレスすれすれながら、会社には属さず、無闇に集まり、やがては散じる「仕事」があった。それが今では仕事とは見なされなくなった「若者たち」であり、彼らの仕事人としてのアラワレ方が演劇青年であったり、作家志望であったり、画家であったり、バンドマンであったり、そして、漫画家だったりしたわけである。

 『地を這う魚』は吾妻ひでおの『若者たち』である。
 『若者たち』というのは永島慎二が安アパートに集う若手漫画家たちを群像として描いた作品で、有名な『漫画家残酷物語』『フーテン』と相前後する時期の作者自身を描いたものだ。『地を這う魚』はそれとほぼ同じ、1968年(昭和43年)の東京を舞台に、地方から上京し、漫画家デビューを志す若者たちを描く。作中には永島慎二の作品や同時代の作家たちが実名で登場して興味深い(たとえば主人公は忠津陽子や大和和紀のアパートを訪ね、永島慎二宅では「天才少女」岡田史子と出会う)。

 吾妻ひでお作品としてはギャグはほとんどないし、無闇に美少女が登場するわけでもない。
 しかし、その「コマ」にあふれる空気は、もうどうしようもなくあのアヅマである。
 なにしろ登場人物は、漫画家、友人たち、編集者、いずれも馬、フクロウ、アリクイ、ワニ、サイ、コアラといった動物。街を行くのはロボットや巨大ネコ。そしてなにより空中や地面には、サカナや軟体動物、恐竜や蟲がうようよ浮遊し、這いつくばっている。ごく普通の部屋の中に、常にそういった異生物があふれかえっているのである。そしてさらに恐るべきは、そうした異生物、あるいは友人たちが、動物の姿でありながらいずれも豊かな表情をもちあわせていることだ。怒るサイ、いらだつ馬、あせるワニ。

 ところで、吾妻ひでおの新刊として本書が書店の棚に並んでいるのは気がついていたが、しばらく手に取らなかったのには二つの誤解があった。
 アルコール依存症になりホームレスとなった(どちらが先かは知らない)自身の経験をまとめた『失踪日記』は凄まじい作品であった。すごすぎて、吾妻ひでおはもうこの路線しか書けないのではないかと思われた。実際、その後に『うつうつ日記』『逃亡日記』と続いたのだから、アヅマはしばらくは自分の失踪時期をネタにしたエッセイ漫画路線で行くのだろうと思ってもしかたないところだろう。
 もう一つ、『地を這う魚』というタイトルがまずかった。あの名作「夜の魚」をはじめとした、旧作の傑作集と勘違いしてしまったのである。

 しかし、そうではなかった。これは2005年から2009年にかけて発表された新しい作品集であり、それも同じ世界観の中でいわば連作短篇を最後まで描ききった、アヅマが本当に復活したことを示す作品である。それも、絵柄や空気に破綻のない力作だ。吾妻ひでおは本当に力があるのだと思う。

 それにしても、実名と匿名の区分けがわからない。永島慎二や岡田史子、はよくて坂井れんたろうがなぜ「いててどう太郎」なのか。都立家政が「吐立化成」、阿佐ヶ谷が「畦畔ヶ谷」なのはまだしもなぜ新宿が「臀部」なのか。

« 退屈にもほどがある? 『晩夏』(上・下) シュティフター 作、藤村 宏 訳 / ちくま文庫 | トップページ | ナイスタッチ、ナイスペア 『あなたに似た人』 ロアルド・ダール、田村隆一 訳 / ハヤカワ文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/48249399

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和エレジイ 『地を這う魚 ひでおの青春日記』 吾妻ひでお / 角川書店:

« 退屈にもほどがある? 『晩夏』(上・下) シュティフター 作、藤村 宏 訳 / ちくま文庫 | トップページ | ナイスタッチ、ナイスペア 『あなたに似た人』 ロアルド・ダール、田村隆一 訳 / ハヤカワ文庫 »