フォト
無料ブログはココログ

« 暗い坂の底に沈む 『黒い玉 十四の不気味な物語』『青い蛇 十六の不気味な物語』 トーマス・オーウェン、加藤尚宏 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 追悼 『Memories 加藤和彦作品集』 »

2009/09/28

コート100分割! 『ベイビーステップ』(現在9巻まで) 勝木 光 / 講談社コミックス

272 【軸足の位置を決めるところでほとんどやるべきことは終わってるから】

 スポーツの中では、昔からテニスが好きだ。
 先日の全米オープンでは、お調子者ジョコビッチが試合後にマッケンローのモノマネをしてみせたところ、テレビブースから飛び出してきたYシャツ姿のマッケンローがジョコビッチのモノマネ返し、そのまま2人でミニゲーム……くく、たまらん。
 楽天オープンは見に行きたかったのだが、油断してチケットをおさえ損ねてしまった。残念。

 ところで、テニスマンガもあれこれ好きなのだが、スポーツマンガなるもの、試合展開だけではどう工夫しようにも限界がある。
 たとえば、少年マガジン『ダイヤのA』(寺嶋裕二)、少年サンデー『最強!都立あおい坂高校野球部』(田中モトユキ)、いずれも毎週楽しみな野球マンガなのだが、たまたま最近、かたや地区予選決勝、かたや甲子園決勝と、ステージは違えどライバルとの重要な試合が重なった。そして残念なことに、2つの試合展開がそっくりなのである。
 負傷あるいは疲労したエースの代役が先発。天才肌の相手ピッチャーが本調子になる前に先制点。しかし相手チームも本領を発揮して逆転を許し、いよいよエースの登板……というのが現在までのところ。おそらくこの後いろいろあって、最後には相手エースの渾身の一球をはじき返し、劇的な再逆転で主人公たちが勝利するのだろう。……見え見えである。

 団体競技たる野球でもこれほどつらいのだ。テニスやボクシングのような個人競技では、試合ごとに新しい魔球、必殺技のインフレを起こしていくしかない。マンガだもの。
 ……いや、そうとも限らない。手はほかにもある。
 それが「練習」の面白さだ。魔球や必殺技に頼らずとも、練習と周囲のアドバイスで主人公が少しずつ伸びていく、その理屈っぽい構造的な魅力。

 勝木光の『ベイビーステップ』は、そんなプレイヤー構築の楽しさをじっくり見せてくれるテニスマンガだ。必殺技の出てこない地味な展開に早々の打ち切りも心配されたが、いつの間にか9巻まできた。赤いPRINCE DIABLO XP MPを手に、試合最中にもノートをつける優等生主人公丸尾栄一郎(エーちゃん)も、今やプロを目指してアメリカのテニスアカデミーに短期留学をするにいたった。しかし、練習試合では27戦全敗、ようやく勝つコツを見出しても、まだまだ(錦織圭をモデルにしたと思われる)同い年のプロプレイヤー池爽児には手も足も出ない。練習、練習。

 1日24時間テニス漬け、近代設備完備のアカデミーでも、指導は「コントロール向上のためにはコートを9分割したイメージで」とか「コントロールを気にするあまり手元を見すぎている」とか、さらには「自分を信じろ」とか、テニスマンガをいくつか読んでいれば素人でもアドバイスできるような内容ばかり、大丈夫かテニスアカデミー。いや、エーちゃんの目指していることはアメリカのプロのハードヒッター相手にコート100分割など、実は無茶苦茶ハイレベルではあるのだが。

 こういった作品は、主人公がスーパープレイヤーになってしまってはタダのヒーローマンガに成り果てる。このまま全国ジュニアあたりでじっくりエーちゃんの課題とその克服を描いてほしい。絶対そのほうが面白いって。

« 暗い坂の底に沈む 『黒い玉 十四の不気味な物語』『青い蛇 十六の不気味な物語』 トーマス・オーウェン、加藤尚宏 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 追悼 『Memories 加藤和彦作品集』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46341296

この記事へのトラックバック一覧です: コート100分割! 『ベイビーステップ』(現在9巻まで) 勝木 光 / 講談社コミックス:

« 暗い坂の底に沈む 『黒い玉 十四の不気味な物語』『青い蛇 十六の不気味な物語』 トーマス・オーウェン、加藤尚宏 訳 / 創元推理文庫 | トップページ | 追悼 『Memories 加藤和彦作品集』 »