フォト
無料ブログはココログ

« 今が旬、と思っているうちに10巻まできた 『GIANT KILLING ジャイアントキリング』(現在10巻まで) 著作 ツジトモ、原案・取材協力 綱本将也 / 講談社モーニングKC | トップページ | 組織をはぐくむ夢 『オーレ!』(全5巻) 能田達規 / 新潮社BUNCH COMICS »

2009/07/30

最終回は切り抜いて永久保存 『お茶にごす。』(現在9巻まで) 西森博之 / 小学館少年サンデーコミックス

140 【でも、船橋(アイツ)は 人のためにしか やらないんだよ。】

 続けてもう1つサッカーマンガを取り上げるつもりだったが、今日発売の少年サンデー、西森博之『お茶にごす。』の最終回があまりにも瑞々しかったので急遽方向転換。

 西森博之は『天使な小生意気』がお気に入りだったのだけれど、『天使……』は嫌な予感が当たって最後のほうはなんとなくおさまりの悪い印象だった。今回の『お茶にごす。』は後半ややダレた面もなきにしもあらず、しかし最後はあっと胸のすく見事な着地である。

 本作は、実は優しい心の持ち主なのに、悪魔的な外見で通りすがりの人々にまで恐れられ、不良たちと喧嘩ばかりしてきた船橋雅矢(まークン)が高校に入って平和な生活(ロハス?)を求め、勢い余って茶道部に入り、隣のアニメ研を巻き込み……といった話。
 よくある設定なのだが、まず主人公まークンの外見が本当に凶悪。こんな目つき口元の悪い善玉主人公はちょっといない。しかも無表情、感情の起伏に乏しい、空気読まない、人の話聞かない。
 そんなまークンが茶道部に入って生活が改まるかといえばそんなはずはなく、最終回の直前まで、トラブルの連鎖が続く。主人公自身、暴力と優しい行為の区別がまったくつかないのだから仕方がない。

 『お茶にごす。』は、基本的には、ディスコミュニケーションに起因するトラブルをギャグとして描く残酷な作品なのである。
 ところが、それが嫌味にならない。
 ディスコミュニケーション→トラブル→ギャグ、ディスコミュニケーション→トラブル→ギャグ、ディスコミュニケーション→トラブル→ギャグ、これが繰り返される合間に、ときどき、切れたはずの透明電球にパシッと灯りがともるように、人間関係が煌めく瞬間があるのだ。それは「ほのぼの」とか「癒し」とかいう安穏なものではなく、登場人物の誰かの、研ぎ澄まされた、清冽な言葉が誰かを深く突き刺すことによって唐突にもたらされる。すると、ギスギス、混乱、暴力沙汰、川の水にまみれた高校生活が、まるで蒸し暑い森の底に昨日の雨のしずくが垂れるように、瞬時に清涼で信頼に満ちた空間が出現するのだ。あああ、甘露。

 それにしても、マンガ人口の高齢化が進んだといっても、少年サンデーの読者の大半は小中学生だと思うのだが、『お茶にごす。』のそれぞれの場面はどのくらい理解されているのだろう。
 最終回は、大学の入試問題に出してもそこらの文芸作品に遜色ないと思われるくらい、主人公たちの屈折した心を、少ない台詞とシンプルな線で描き上げた見事なものだった。
 同じ茶道部の夏帆(脇役にしておくのは惜しいいいキャラだ)がまークンをいきなり川に蹴落としたのはなぜか(説明は可能だが非常に複雑)。まークンのダチの山田が無意識に涙を流したのはなぜか(言葉で説明するのは非常に困難)。まークンが大学に向かう道々「怖い」と思ったのはなぜか(これはわりあい簡単)。ハナの奥が痛くなったのはなぜか(含みをどこまで読み取るか、難しい)。ヒロインの元部長が何コマか登場するが、それぞれの微妙な表情の違いは何を表すのか(選択肢があれば選べるが、文字数制限ありの記述式でまとめるのは難度高)。などなど。

 ともかく、先週号から今週号にかけて、夏帆がまークンを川に蹴り落としてから最後のスタッフロールまでのほんの数十ページ、文学でいえば詩の領域の精度で描かれたコマ、コマ、コマ。
 この魅力を味わうためだけに単行本を1巻からそろえたとしても決して損はない。強く!推奨。

« 今が旬、と思っているうちに10巻まできた 『GIANT KILLING ジャイアントキリング』(現在10巻まで) 著作 ツジトモ、原案・取材協力 綱本将也 / 講談社モーニングKC | トップページ | 組織をはぐくむ夢 『オーレ!』(全5巻) 能田達規 / 新潮社BUNCH COMICS »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46359089

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回は切り抜いて永久保存 『お茶にごす。』(現在9巻まで) 西森博之 / 小学館少年サンデーコミックス:

« 今が旬、と思っているうちに10巻まできた 『GIANT KILLING ジャイアントキリング』(現在10巻まで) 著作 ツジトモ、原案・取材協力 綱本将也 / 講談社モーニングKC | トップページ | 組織をはぐくむ夢 『オーレ!』(全5巻) 能田達規 / 新潮社BUNCH COMICS »