フォト
無料ブログはココログ

« 無闇に労作 『バガボンド』 井上雄彦 / 講談社モーニングKC | トップページ | 腐った箱のキャベツ集団 『「朝日」ともあろうものが。』 烏賀陽弘道 / 河出文庫 »

2009/06/18

飲むことのはじまりにむかって 『一杯では終われません』 梅吉 / 講談社モーニングKC

397 【私にとってお米は飲みモノです】

 ちょっと外回りな話から。

 絵画というものが、しょせんキャンバスや壁などの平面に絵具を塗りたくっただけのものにすぎないという地点に至ったのはようやく20世紀になってからのことだった。これが、どちらが上だか下だかよくわからない、いわゆる前衛美術の基点といえば基点である。マンガはさすがに遅れてやってきただけにそのあたりはすでに折り込み済みで、かなり早い時期から、作者がコマの枠線を引くという行為そのものを表現の中に取り込んできた。手塚作品によく見られた、殴られたキャラがコマの枠を突き破ってふっ飛んでいく、キャラがコマの枠にもたれる、爆発シーンでコマも粉々になる、コマの枠やキャラを描く作者の手やペンがコマの上にそのまま描かれる、などがそれにあたる。コマの枠を無視してしまうのは「24年組」以降の少女マンガによく見られる手法で、たとえば有吉京子『SWAN』ではほぼ全ページにわたってコマどころか紙面の外枠をはみ出して絵が描かれており、単行本の断ち切り面が黒い。

 つまり、(ことさら主張してもそれほど意味のないことではあるが)コマの枠で仕切られたマンガは、そのスタート時点から前衛であり、メタメディアだったのである。

 マンガの読み手は今ではすっかりスレてしまって、こういったマンガ家の手法をごく当たり前のことのように素通りしてしまう。絵画でいえばキャンバスをはみ出して背後の上下左右の壁に絵の続きが描かれる、といったかなり過激な作法がごく日常的になされていると考えれば、マンガの無頓着かつダイナミックな前衛度合いが理解できるのではないか(そういえば、いしいひさいちの作品に、巨大なキャンバスに油絵を描いている画家に「大作ですね」と世辞を言うと、実は展覧会で小さなサイズに切り売りされていた、というのがあった。マンガ家でなければ思いつかないギャグかなと思う一方、印象派の作品の販売は本来そうあるべきだったかもしれない、とも思う)。

 絵画や文学では、思い切り気張って前衛ぶらないとできない(逆に、やったが最後、前衛がハナについて鬱陶しい)手法を、マンガはエンターテイメントの顔を崩さず軽々とやってのける。たとえば、ペンで描くという行為そのものを木版画にリプレイスした唐沢なをき『怪奇版画男』。表紙、目次から後書きならぬ「あとぼり」、初出一覧、奥付まで含め、全ページ「マンガを版画で彫る」ことをギャグに彫りつくしている。内容は細部にわたるまで徹底的だが、普通の読み手からすれば読み捨て連載ギャグマンガに過ぎない。これはすごいことだと思う。

 さて、ようやく今回の本題。

 「私にとってお米は飲みモノです」「つまみは炙りものちょっとでいいよー」「ここらで記憶断絶」という真性の酒好き(35歳 性別女)が全国の酒造を飲んでまわるサマ(業?)を描いたエッセイマンガ『一杯では終われません』は、全ページ、キャラ、コマ、文字も含めてすべてデザインナイフを用いた切り絵で構成されている。驚いたことに、最近の連載『35歳のハローワーク!』によると、作者はペン画もスクリーントーンも、つまり普通のマンガ原稿作成の経験がまったくないのだそうだ。

 『一杯では終われません』には、『怪奇版画男』のように版画や切り絵という作成行為そのものをギャグに取り込むといったメタ構造はない。エッセイマンガとしての深み、ギャグの冴えも、正直、そう優れているとは思えない。
 だが、それにもかかわらず、このデジタル一辺倒の時代に、こうして単行本1冊、まるごと切り絵で構成されているのを見ると、それだけで呆然としてしまう。
 ある種の技術は、それが技術であるということだけで、見る者触れる者を圧倒するのだ。
 そして、切り絵専業作家を取り込んでなおかつマンガとして成立させてしまうマンガというメディア、そのフトコロの深さはやはりあなどりがたい。

 ところで、梅吉は、上記2作品よりも以前から、モーニング誌巻末の目次ページに、『そこもまた魅力』という1コマコーナーを持っている。ほかの作家の作品を切り絵で持ち上げたりくすぐったりする小品なのだが、自身のキャラと各連載の登場人物を1コマの中にうまく配置して、実に面白い。ここでもマンガのメタメディアとしての……いやそんなことはどうでもよくて、大量生産されないだけにいつになるかわからない次回単行本だが、発刊の折にはぜひ『そこもまた魅力』も全作収録していただきたい。どうだろう。

« 無闇に労作 『バガボンド』 井上雄彦 / 講談社モーニングKC | トップページ | 腐った箱のキャベツ集団 『「朝日」ともあろうものが。』 烏賀陽弘道 / 河出文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46377590

この記事へのトラックバック一覧です: 飲むことのはじまりにむかって 『一杯では終われません』 梅吉 / 講談社モーニングKC:

« 無闇に労作 『バガボンド』 井上雄彦 / 講談社モーニングKC | トップページ | 腐った箱のキャベツ集団 『「朝日」ともあろうものが。』 烏賀陽弘道 / 河出文庫 »