フォト
無料ブログはココログ

« 悠揚として迫らず、泰然として自在 『若さま侍捕物手帖(1)(2)』 城 昌幸 / ランダムハウス講談社 時代小説文庫 | トップページ | 素焼きの手触り? 『唐宋伝奇集』(上・下) 今村与志雄 訳 / 岩波文庫 »

2009/03/14

上目遣いのパラダイス 『女王様がいっぱい』(全5巻) イワシタシゲユキ / 新潮社BUNCH COMICS

063_2   【罰… 受けなくて… いいんですか?】

 イワシタシゲユキ『女王様がいっぱい』は、週刊コミックバンチ 2008年4・5合併号から2009年10号にかけて連載された作品。

 作家は新進、掲載誌は後発。登場するは少女マンガの駆け出し編集者たる主人公一人を除いて全員若い女性たち。なにかときわどいエロシーンを呈してB級テイスト横溢。ならばB級に徹すればよいものを、純愛、ワキフェチ、主人公の文学趣味、マンガ家たちの渇望、三角関係、編集者の使命感など、あとからあとから食材が盛り込まれ、生煮えの鍋の中はおよそバランスが悪い。案の定、たとえば主人公の文学趣味は後半まったく生かされず、謎の編集長は最後まで姿を現さず、三角関係の決着にも説得力がない。B級にしても失格だろう。
 世間の評価は、単行本5巻の完結した現時点でAmazon.co.jpにカスタマーレビューの1本もない、この一事でおよそ見当はつく。さほど増刷の声もかからず、話題にもならず、青年誌にしてはエッチな連載マンガとして3ヶ月もすれば誰もが忘れてしまうだろう。多分、きっと。

 

 いや、待て。俺は決して忘れはしない。

 『女王様がいっぱい』では次々と挿し出される女たちの「目」が爆裂的に魅力的なのだ。
 それは白く見下ろす半眼だったり、氷のようにえぐる横目、赤く睨む目、刺すような上目遣いだったりするのだが、どの「目」もたっぷり豊満で、淵のように瑞々しく、焼きプリンのようにとろけて胸を満たす。

 マイナー、人には奨めづらいようなエロマンガにして、この描写力。
 嗚呼、マンガとはどこまで豪奢を嘗める舌なのだろう。

 夜。外は雨と、風。
 だが、温かいソファの上は今、至福の時だ。

« 悠揚として迫らず、泰然として自在 『若さま侍捕物手帖(1)(2)』 城 昌幸 / ランダムハウス講談社 時代小説文庫 | トップページ | 素焼きの手触り? 『唐宋伝奇集』(上・下) 今村与志雄 訳 / 岩波文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46386488

この記事へのトラックバック一覧です: 上目遣いのパラダイス 『女王様がいっぱい』(全5巻) イワシタシゲユキ / 新潮社BUNCH COMICS:

« 悠揚として迫らず、泰然として自在 『若さま侍捕物手帖(1)(2)』 城 昌幸 / ランダムハウス講談社 時代小説文庫 | トップページ | 素焼きの手触り? 『唐宋伝奇集』(上・下) 今村与志雄 訳 / 岩波文庫 »