フォト
無料ブログはココログ

« 名探偵、虚実とりまぜること悪魔のごとし 『硝子のハンマー』 貴志祐介 / 角川文庫 | トップページ | 名探偵、意地悪に黒く笑う 「とむらい鉄道」 小貫風樹 / 初出 光文社文庫『新・本格推理03 りら荘の相続人』 »

2008/09/28

大人の距離、大人の眠り 『シマシマ』(現在2巻まで) 山崎紗也夏 / 講談社モーニングKC

401【僕はただの添い寝相手ですから 抱き枕と一緒ですよ】

 山崎紗也夏(沖さやか、山崎さやか)は、青年誌らしい、コマ割りや時制のはっきりした明瞭なペンタッチと、女性作家ならではの不定形、情感あふれる心理描写力を合わせもつキメラ的作家である。小奇麗なコマ運びに油断していると足を掬われる。

 沖さやかと名乗っていた初期には描きたいことのクオンティティが作家としてのクオリティを上回って、ともすれば白っぽい稚拙な線画にハードな内容を詰め込み過ぎ、たとえば『マイナス』という作品では掲載誌の回収騒ぎを巻き起こしている(ハイキングで道に迷った女教師が、同行の女児が頭を打って死んだのをいいことに躊躇なくそれを焼いて食べるシーンがそのまま載ってしまったのだから、回収騒ぎ以前に編集部や印刷所のチェックを通り抜けたことのほうが不思議だ)。

 しかし、気がついてみればこの作家は圧倒的な筆力を身につけ、山崎さやか名義の『NANASE』ともなると、その画力はもはや爆圧的だ。筒井康隆の『七瀬ふたたび』をベースにしたこの単行本4冊、ストーリーはほぼ原作にならいながら、あらゆるコマ、あらゆるキャラクターが読み手を圧倒し、ここでは初期とは逆に、ストーリーより見開きそのものが暴走するかのごとき事態が発生している。マンガ作品としてすさまじいものでありながら、バランスに欠け、安易に推奨しづらいのもそのためだ。

 その後作者の技量はさらに変遷し、モーニングに掲載誌を変えて連載開始された『はるか17』では、意識的にか無意識にか、絵柄もストーリーの突飛さもむしろ凡庸なほどに抑えられ、それゆえ人気連載として作者の作品中で最長の作品となった。『はるか17』はありがちなタレント成長物語ではあるのだが、数週に一度エキセントリックなコマが発露する、掲載の待ち遠しい連載ではあった(はるかが舞台で人形を演ずるシーンには、比喩でなく鳥肌が立った)。

 さて、現在モーニングに連載中の『シマシマ』だが、これがまた、凄い。

 アロマエステ「グリーン」のオーナー・箒木汐(シオ)。彼女にはもう一つの顔がある。それは、眠れない女性達に添い寝相手の青年達を派遣する<添い寝屋>「ストライプ・シープ」の店長。……

 添い寝屋といえば、吉本ばなな初期の名品『白河夜船』を思い出す。『シマシマ』の主人公も眠りに振り回されてはいるが、『白河夜船』ほど設定は暗くない。観念的でもない。

 『シマシマ』というタイトルは、主人公シオの
  隣に寄り添いはするものの 決して交わらない平行の関係
という添い寝屋としてのポリシーによる。
 つまり、この作品は、シオとイケメンでオシャレな「ストライプ・シープ」の4人のメンバー(ガイ、ラン、リンダ、マシュ)、シオと元・ダンナ、シオとエステの客、添い寝屋のメンバーと眠れない女性客達、などなど、登場人物同士のつかずはなれずの「距離」の物語である。そのあたりをクール、かつ手札を隠さず描いてみせる作者の手腕は冴え冴えとして見事。また、その気になって読めば、大小のあらゆるエピソードやセリフがこの「距離」をテーマにしていることが伺えるのも天晴れだ。

  警戒されて当然…… でも…… こっちだってトラブルは避けたい
     (添い寝客に事前カウンセリング)

  どれくらいぶりだろ男の人と寝るの…… あっこれこれ…… この感じがいいかな……
     (添い寝客がガイと同衾して)

  肌に触れていくうちに こっちのエネルギーをどんどん吸い取ってしまうような人がいる……
     (エステの客について)

  男の子4人がしょっちゅう泊まっていって 一度も色目で見られたことがない……
  コイツらって…… 植物?

     (ストライプ・シープのメンバーについて)

  ホっとする…… あれ以上自分のペース乱されるのすごく嫌……
     (意中でない男に食事に誘われて)

  会わなきゃいけないのか……
     (振り捨てた男について)

  僕はただの添い寝相手ですから 抱き枕と一緒ですよ
     (添い寝客に)

  いろいろこらえて笑ってくれたじゃないですか
     (添い寝客に)

 そしてもう一つ、この作品を読み返すたびに感じることがある。
 マンガ作品についてはよく「キャラが立つ」という言葉が使われる。たとえば新人の投稿作品について、技術はないがキャラは立っている、ストーリーはよくまとまっているがキャラが立ってない、と言われたりする、あれだ。
 『シマシマ』に登場する人物はいずれもすっきりキャラが立っている。シオもクールなら、添い寝屋に招かれた学生4人もそれぞれ手本にしたいようないい出来だ。だが、それだけではこの作品のリアリティは説明できない。
 キャラ以外に、もう一つ立っているものがある。この作品のあらゆるコマに描かれた「モノ」である。たとえば、眠れない女性の部屋にあふれるブランドの紙袋。食器。スリッパ。カーテン。シオが用いるエステ用の小物、大物。缶ビール、グラス、目覚まし時計、ソファ、蛍光灯のヒモ。それらすべてに意味があり、何一つおそそかにされていない。こういうことに悩む女はこういう部屋に住み、このような衣服を選び、こういう値段の、こういう小物を集め、このように扱う。
 それらの「モノ」が質、さらに量においてすべて的確に描かれなければ伝えられないもの、この作品はそういった精度の上に成り立っている。

 『シマシマ』については、おそらく、もう少しエピソードが溜まると日テレあたりからドラマ化のオファーがかかるのだろう。テレビに詳しくなくても、シオ、ガイほか、登場人物達の配役が容易に予測できる。だが、現在の幼児化したテレビドラマの手腕で、この大人の作品は描ききれるだろうか?

« 名探偵、虚実とりまぜること悪魔のごとし 『硝子のハンマー』 貴志祐介 / 角川文庫 | トップページ | 名探偵、意地悪に黒く笑う 「とむらい鉄道」 小貫風樹 / 初出 光文社文庫『新・本格推理03 りら荘の相続人』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46417568

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の距離、大人の眠り 『シマシマ』(現在2巻まで) 山崎紗也夏 / 講談社モーニングKC:

« 名探偵、虚実とりまぜること悪魔のごとし 『硝子のハンマー』 貴志祐介 / 角川文庫 | トップページ | 名探偵、意地悪に黒く笑う 「とむらい鉄道」 小貫風樹 / 初出 光文社文庫『新・本格推理03 りら荘の相続人』 »