フォト
無料ブログはココログ

« 濁流のような情報そして時間 『気まぐれコンセプト クロニクル』 ホイチョイ・プロダクションズ / 小学館 | トップページ | さよならヤングサンデー »

2007/04/16

届かないねーその充電,僕まで届かないね 「コミックチャージ」 角川書店

 
 3月20日,角川書店から隔週刊の青年コミック誌として「コミックチャージ」が発刊された。
 火曜日というコミック誌の隙間に対し,講談社「イブニング」が第2,第3週を埋め,この「コミックチャージ」が第1,第2週を埋めて,これで火曜日の通勤は万全,と思いたかったのだが,残念ながら創刊2号めにしてすでに急速に購買意欲が失せつつある。

 ……

 ……

 うーん,あれこれ,書いては消し,書いては消ししてみたが,要はコミック誌としての「志」を感じ取ることができないのである。

 ここ数年,青年コミック誌としてビビッドな魅力を感じ続けていられるのはそれはもう講談社の「モーニング」だが,この雑誌はなぜにこれほどと思うほどに「こだわる」姿勢を示してくれる。往々にして馬鹿げたテーマ,下手な絵の作品もあるのだが,「金」なり「剣」なり「政治」なり「ワイン」なり「素潜り」なり,一点狙いを定めたら「この作者と編集はほかのことが目に入らないのだろうか」と気になるほどそのテーマを掘って塗って描写しまくるのである。
 「ヤングサンデー」や「コミックバンチ」にも読んで楽しい作品はなくはない。が,雑誌まるごとで強烈なインパクトを感じる点において,「モーニング」は他誌を三馬身,いやそれ以上リードしていると言っていいだろう。
(かたや老舗の「ビッグコミック」系は,一度人気を得られた作品の反復,拡大再生産を好む気味があって,読み続けるという習慣からふっと離れるともはや戻る必然性がない。)

 他誌はさておき,「コミックチャージ」である。
 キャッチフレーズは“働く男を充電する”。キャッチフレーズなどどうでもいいのだが,それにしても「充電」。働くということは電池レベルのことなのか,と読めてしまうのがつらい。創刊1号,2号を見た限りでは,古いあちこちの雑誌で連載をもっていたベテランを集めてみた,というほか,なんら雑誌としての方向性を感じ取ることができない。また,登場人物(主人公)も全体に中途半端で,いろいろな職業についてはいるが,マンガらしく暴走しているのは本そういつ描く『神の手を持つ男』に登場する実在の脳外科医などほんの一部のみ。むしろ,嫁さんや周囲の知人に圧倒されて「たはは」なキャラばかりと言ってよい。清原なつのが筒井康隆『家族八景』に挑戦しているのだが,これも期待はずれ。その倫理観においていつの時代のマンガ,という感じだ(清原が15年以上昔に『花図鑑』等で提示したアンモラルは現在にいたっても鮮烈なのだから,本作の凡庸さはイタい)。

 ちなみに,創刊1号,2号で唯一面白かったのはしりあがり寿『ジョーモンCEO』,投資会社のCEOの夢が世界を征服して縄文時代を再現する,というものなのだが,そんな設定以前にその投資会社の業務光景の破天荒さ,何千億の金を左右しながら手取り22万円の給料でしじみをすする(貝塚を好もしくおもうためだ)CEOの魅力。これだけは単行本になったら問答無用で購入したい。

 そのほかの作品については,何を話題にしていいのかよくわからないくらいだ。
 絵が下手,という作家もいるが,タチが悪いのは絵が下手というわけではない作家だ。業界ではベテランなのにヒット作がない,その理由がそのままこの雑誌の誌面を埋めている,そんな絵柄さえ思い浮かぶ。

 ちなみに細かいことをいえば,遺体の清掃業を描くきたがわ翔『デス・スウィーパー』,今後の展開はいざしらず,連載2回まではまったくのところ田口ランディ『コンセント』冒頭部のパクリだろう。パクリで話題になった作家からパクってどうする。

« 濁流のような情報そして時間 『気まぐれコンセプト クロニクル』 ホイチョイ・プロダクションズ / 小学館 | トップページ | さよならヤングサンデー »

テレビ・新聞・雑誌・出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46426425

この記事へのトラックバック一覧です: 届かないねーその充電,僕まで届かないね 「コミックチャージ」 角川書店:

« 濁流のような情報そして時間 『気まぐれコンセプト クロニクル』 ホイチョイ・プロダクションズ / 小学館 | トップページ | さよならヤングサンデー »