フォト
無料ブログはココログ

« 毒とも薬とも 『のりこ』 二階堂正宏 / 新潮社 | トップページ | 新本格1/4+謀略アクション3/4 『霊柩車No.4』 松岡圭祐 / 角川文庫 »

2006/11/24

串刺しにされてぎゃあぎゃあ鳴き喚く 『姉飼』 遠藤 徹 / 角川ホラー文庫

385【──さぞ,いい声で鳴くんだろうねぇ。】

 角川ホラー文庫から気になる本が続けて発売されたので,とりあえず紹介。

 「姉飼(あねかい)」は,短編ながら第10回(2003年)日本ホラー小説大賞受賞作。しかし,大賞に選んでおきながら選者らの評価がどちらかといえば酷評に近いものばかりで,ある意味悪趣味な興趣をそそられた。単行本をつい買い逃していたため,文庫になってさっそく購入してきた。

 「姉」とは,脂祭りの縁日に胴体のまんなかを太い串に貫かれてぎゃあぎゃあ泣き喚いている危険な生き物である。主人公は子供のころにクラスメートの家で姉を見て以来,姉を買うことを夢見続けて……。

 蚊吸豚,脂祭り,出店の姉ら,想像力がしたたるような世界を淡々と描く前半のエグさは悪くない。と思って読み進むと,後半は思いがけず正当派,といっておかしければ妙に人間ドラマ臭い短編小説としての体裁整えて終わる。力のこもったエンディングではあるが,容易に予想がつくといえばつく,類型的なオチでもある(類型的なものは,強いのだ)。

 かつて筒井康隆がSFを語るにおいて,小説を
   通常の世界に 通常の登場人物
   異常な世界に 通常の登場人物
   通常の世界に 異常な登場人物
   異常な世界に 異常な登場人物
の4つに分け,一番めは普通の小説,SFが担うのは二番めと三番め,四番めはもはや小説といえない,ということを書いていた。
 「姉飼」は,この分類でいえば途中から軸がぶれているのである。意図的かどうか。「妹の島」という作品でも視点がぶれたように,この作者はそのあたり少し無頓着なのかもしれない。

 ただ,よい悪いを問われれば,「姉飼」は,よかった。
 思わず鼻をそむけたくなるような悪臭,陰惨を随所に盛り込み,最後には強引に小説の型にはめて終わらせている。これはマンガに近いチカラワザである。無駄に話を長引かせず,短く切り上げたこともよかった。

 強いて物足りない点をあげるなら,「姉飼」という素晴らしいタイトルを得ながら,「姉」という言葉が作品中でなんら意味を持たなかったことだ。主人公に「弟」の要素を一切持ち込まなかったのは,作者の側の意図だろうか。

 ところで。「姉飼」が大賞を受賞した同年の日本ホラー小説大賞の短編賞は朱川湊人の「白い部屋で月の歌を」が受賞した。「白い部屋で」も作品としては悪くないが,確かに,一短編としての固さ,重さは「姉飼」に及ばない。
 もっとも,短編集『姉飼』収録の他の三篇(「キューブ・ガールズ」「ジャングル・ジム」「妹の島」)の思わぬ出来の悪さに比べれば,朱川の語り部としての技術,素養は桁違いで,その後朱川が営々と一定水準以上の作品を発表し続けていることを思うと『花まんま』での直木賞受賞はダテではない。

 ただ,ここでは,遠藤,朱川が日本ホラー小説大賞において同年受賞者であったこと,また,朱川のデビュー短編集『都市伝説セピア』収録のホラー短編「アイスマン」が,少年の日に縁日で非日常的な生き物に出会ったことがその少年の後の人生を狂わせて行くこと,その生き物や出店の正体が最後まで曖昧なままで終わってしまうこと,さらには登場人物を巻き込んだありがちなエンディングまで,実に「姉飼」そっくりな構成になっていることを記しておきたい。

« 毒とも薬とも 『のりこ』 二階堂正宏 / 新潮社 | トップページ | 新本格1/4+謀略アクション3/4 『霊柩車No.4』 松岡圭祐 / 角川文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547008/46471952

この記事へのトラックバック一覧です: 串刺しにされてぎゃあぎゃあ鳴き喚く 『姉飼』 遠藤 徹 / 角川ホラー文庫:

« 毒とも薬とも 『のりこ』 二階堂正宏 / 新潮社 | トップページ | 新本格1/4+謀略アクション3/4 『霊柩車No.4』 松岡圭祐 / 角川文庫 »