フォト
無料ブログはココログ

« 続・夏の甲子園 | トップページ | 『百物語 第五夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月 / ハルキ・ホラー文庫 »

2006/08/31

『怖い本(6)』『「超」怖い話Θ』『ゆるしてはいけない』『東京伝説 渇いた街の怖い話』『いま,殺りにゆきます』 平山夢明

070 ドアを一歩出るとどんと熱の壁にあたる。日陰を抜ける風さえ重く汗が吹き出る。
 ……そんな“真夏”を感じることのほとんどないまま8月が去ろうとしている。
 それでも,今年の夏もやはり怪談本は読んだ。昨夏は少し文藝,民俗学の色合いの強い中公文庫が多かったが,今年は正面から「実録怪談」モノ中心だ。

 『怖い本(6)』 平山夢明 / ハルキ・ホラー文庫
 『「超」怖い話Θ』 平山夢明 編著 / 竹書房文庫
 『ゆるしてはいけない』 平山夢明 / ハルキ・ホラー文庫
 『東京伝説 渇いた街の怖い話』 平山夢明 /竹書房文庫
 『いま,殺りにゆきます』 平山夢明 / 英知文庫

 「実録怪談」といえば,昨今のブームは木原浩勝・中山市朗が採話した『新耳袋 現代百物語』が嚆矢とされているが,『新耳袋』そのものは自ら課したルールに自ら身をすくませた印象で,後半は自在に「怖さ」を輻射する力を喪ってしまった。

 現在,「実録怪談」を編ませて一番怖いのはこの平山夢明だろう。それが実話であるかどうか(少なくとも語り手が事実と信じているかどうか)など,理屈に降り立つことなく,ただただ怖い。

 深夜,リビングで一人読んでいると,隣の和室でみしりと音がする。洗面台のほうで歯ブラシか何かが倒れる。エアコンの風にテーブルの白い紙が静かにすべる。
 これではかなわないと家族が寝ている二階にあがり続きを読もうとすると,足元の押し入れが少し開いている。階下の玄関から階段をうかがう気配がある。天井が鳴ってその板の木目が目に見える。

 『怖い本』『「超」怖い話』はいわゆる怪談,心霊モノ。『ゆるしてはいけない』『東京伝説』『いま,殺りにゆきます』はストーカーや隣人の狂気など,人が壊れる話,壊された人の話。友人とマンションに帰ったら,ベッドの下にナイフを構えた男がいた……などという都市伝説系のエグい話は後者のほう。

 どちらが怖いかは一概にはいえない。心霊譚は確かに怖い。大半がよくできた作り話でも,1冊に1つホンモノがあって,それを読むことで何かを招いてしまったら……という怖さがある。後者のゲテモノ度合いも半端ではない。ふられて逆ギレして,といった程度の話ならともかく,いきなり拉致監禁され,縛られて歯を一本一本抜かれた女性の話,神社の階段でいきなり突き落とされ,骨折して血まみれになったところの写真を送りつけられた話,マンションで突然上の階からテレビが降ってきて自分の名前が書いてあった話……のようなものをいくつも読んでしまうと,被害者に感情移入しての怖さと同時に,どこかで自分の中のバネが音を立てて折れる恐怖がある。

 後書きなど読むと編者は締め切りには相当ルーズな様子だが,それにしても数社を股にかけてのバイタリティには驚く。文体は木原浩勝よりやや艶があり,センテンスが短い。そして話そのものも大半が短い。
 始まるとすぐ,後ろを振り向けなくなり,終わるころには顔を上げることもできなくなる。

« 続・夏の甲子園 | トップページ | 『百物語 第五夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月 / ハルキ・ホラー文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

平山夢明実話怪談関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・夏の甲子園 | トップページ | 『百物語 第五夜 実録怪談集』 平谷美樹・岡本美月 / ハルキ・ホラー文庫 »