フォト
無料ブログはココログ

« 強い玄人は目で語れ 『哲也 雀聖と呼ばれた男』 さい ふうめい 原作, 星野泰視 画 / 講談社漫画文庫 | トップページ | 手に負えていない 『街の灯』 北村 薫 / 文春文庫 »

2006/06/28

しっ静かに。恐ろしくて悲しいものが過ぎる。 『ZOO 1』『ZOO 2』 乙一 / 集英社文庫

9401【その部屋でも多くの人が殺されたのだから,そうしなければいけない気がした。】

 帯に大きく「何なんだこれは。」の賛辞。北上次郎といえば「本の雑誌」の目黒考二,さすがさくりと的確。

 『ZOO 1』『ZOO 2』は乙一の短編集。
 乙一(オツイチ)なる著者名が人を食ったようなら,『ZOO』はオツゼロゼロとも読めてさらに食われた気がつのる。

 『ZOO 1』には5編,『ZOO 2』には6編の短編を収録。いずれも予想外の展開,説明のつかない読後感。
 ……考えてみればそれはよくできた短編小説の条件に過ぎない。

 意外性のみならず,再読にも耐える。
 「何なんだ」かは容易に言葉にしがたいが,それだけのものはある。ワカモノ文化ふうに見えて,そこらの自称文学作品に比べても文章が細やかで巧い。あり得ないシチュエーションに思えて,一つひとつが理にかなっている(上の【 】の引用部など,なまなかに出てくるフレーズではない)。

 拉致監禁された姉弟が少しずつ知る事実──残虐のきわみが比類ない切なさに転化する「SEVEN ROOMS」が抜群にいい。読み手のやり場のない焦燥に一点ガス抜きの穴を穿つ「カザリとヨーコ」,その逆に読み手の安穏など一顧だにしない「冷たい森の白い家」「神の言葉」もいい。表題作「ZOO」は乱歩や久作のある作品と同工異曲で乙一にしては凡庸。「陽だまりの詩」はメロウが勝ってよくわからないが映像化したいという欲求はよくわかる。

 などなど。

 若干の夾雑物はあれど,遠く余香漂う自由。

« 強い玄人は目で語れ 『哲也 雀聖と呼ばれた男』 さい ふうめい 原作, 星野泰視 画 / 講談社漫画文庫 | トップページ | 手に負えていない 『街の灯』 北村 薫 / 文春文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 強い玄人は目で語れ 『哲也 雀聖と呼ばれた男』 さい ふうめい 原作, 星野泰視 画 / 講談社漫画文庫 | トップページ | 手に負えていない 『街の灯』 北村 薫 / 文春文庫 »