フォト
無料ブログはココログ

« 『心霊写真 不思議をめぐる事件史』 小池壮彦 / 宝島社文庫 | トップページ | 最近の新刊から 『夏の嘘つき』『大問題 '06』 »

2006/05/31

最近の新刊から 『艶捕物噺 唐紅花の章』『ドラゴン桜(13)』

919『艶捕物噺 唐紅花の章』 深谷 陽 / リイド社 SPコミックス

 深谷陽の新作は,生き別れた双子の兄弟が「兄は切れ者 奉行所与力 弟は美貌の花形女形」に長じ,二人揃ってお江戸の悪を暴くという捕物帳仕立て。
 設定,展開は趣向に満ちてなかなか面白い。ただ,深谷作品に慣れたファンにはともかく,初めての読み手にはこのこってりした目鼻立ちや背景の描き込みが少し濃すぎるかも。アクションシーンもやや重め,「あですがたとりものばなし からくれないのしょう」のタイトルも少しくどい。要するにマンガのマンガたる所以のマンガ度が低いのだ。
 山手樹一郎や池波正太郎など,広く読まれた時代小説では,よい意味での手抜きが作品を軽くしている。深谷得意の食べ物シーンが少ないのも,まだ余裕がない表れではないか。

『ドラゴン桜(13)』 三田紀房 / 講談社モーニングKC

 新キャラの家庭教師 本田が受験生の矢島に語る人生訓が連載開始当時の桜木の台詞と相似形の軌跡を描くのはとてもいい。作者の受験勉強や社会に対するピッチングフォームが一定しているということだ。
 今回の第13巻は,世界史の勉強のしかた,数学,国語のセンター試験対策など,受験に縁のない者とうに済ませた者にも凝り固まった固定観念を砕いてくれるツボへの刺激満載だ。要は,ことにあたって問題を認識し,解決の手法を探るフォームなのである。
 本書に問題があるとしたら,人生のどの時点でこれと出会うかということだろう。多分,早すぎてはいけない。手遅れでも,もちろんいけない。

« 『心霊写真 不思議をめぐる事件史』 小池壮彦 / 宝島社文庫 | トップページ | 最近の新刊から 『夏の嘘つき』『大問題 '06』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『心霊写真 不思議をめぐる事件史』 小池壮彦 / 宝島社文庫 | トップページ | 最近の新刊から 『夏の嘘つき』『大問題 '06』 »