フォト
無料ブログはココログ

« まわれまわれカザグルマ 止まらず走れ 『のだめカンタービレ(14)』 二ノ宮知子 / 講談社 Kiss KC | トップページ | すこーしだけ考えてみる 『生協の白石さん』 白石昌則,東京農工大学の学生の皆さん / 講談社 »

2006/01/18

事件にまみれた一日

◇証券取引法違反の疑いで,ライブドア本社,夜を徹しての家宅捜索。
 ライブドア関連各社はもちろん,IT企業各社もあおりをくらっていずれも株価を下げ,日経平均株価も大幅安。
 とことん,うるさい奴。 > ホリエモン

◇幼女連続誘拐殺人事件,宮崎勤被告の死刑確定。
 それに先立つ16日のasahi.comの記事,
 宮崎勤被告,17日に最高裁判決 「精神鑑定して」
 この記事の結語は,臨床心理士の長谷川博一・東海女子大教授による「パーソナリティー障害と離人症などが交ざった状態とみる。まだ精神状態が解明されたとは言えないのではないか。10年以上前と比べ,鑑定の技術は格段に上がっている。改めて鑑定する必要性を感じた」というコメントなのだが,何を言っているのだろう? 宮崎被告の犯した犯罪同様,理解を絶している。
 改めて鑑定する必要性……。事件は,1988~89年,つまり15年以上前に起きたものだ。あれだけの犯行を起こし,拘置されて15年以上経った人物が,当時と同じ精神状況でいると考えるほうがおかしい。そんな理屈がまかり通るなら,犯罪を犯しても,あとで悩みに悩んでおかしくなってしまえばとりあえず無罪?
 この国では,精神障害で犯罪を起こした人物を抑留する病棟についての規定はないので,場合(症状)によるとすぐ釈放もあり得る。この期に及んで宮崎被告の精神鑑定を繰り返そうという人々の願いは何なのか。
 1988~89年のあのとき,宮崎勤は,多少の錯誤や幻聴はあったとしても,自分が誰を殺し,何をしたかは理解していた。ビデオ機器を操作する理性,被害者の家に遺骨や犯行声明を送り付ける知性も失ってはいなかった。それで十分だろう。

 時代のせいではない。狂気のせいでもない。断じて。

※ ちなみにこの問題は,『ウルトラセブン』の後番組『怪奇大作戦』でも鋭く扱われている(第24話「狂鬼人間」)。「脳波変調機」によって精神異常者になって殺人を犯し,2ヶ月ばかりで回復して釈放されるというシナリオ。設定,岸田森の演技も見事なら,エンディングの悲鳴のインパクトもすさまじい。現在ビデオ等では欠番。

◇耐震強度偽装事件のヒューザー小嶋社長,証人喚問で証言拒否27連発。
 痛い腹をさぐられたくない一部政治家が証人喚問を(報道の集中する)17日に強要したという説あり。埋没ということではこれ以上ない日となったが,この人物の目立ち具合もまた並みではない。これもまた,理解を越えた人。いずれ誰かが「精神鑑定の必要」を言い出すのだろうか。
 最近「朝まで生討論」を見ないが,ヒューザー小嶋vsライブドア堀江とかいう企画はどうか。とりあえず視聴率はかせげると思うが。

◇阪神・淡路大震災から11年。
 関東大震災を,自分はどこで迎えるのだろう。病院かな。

◇芥川賞,直木賞発表。
 よりによってこんな日に,ではあるのだが。
 直木賞の東野圭吾,今までなぜとれなかったか,そちらのほうが不思議。
 芥川賞の絲山秋子,「芥川賞は足の裏に付いたご飯粒のようなもので,とれないと気持ち悪かった」。
 ……素晴らしい! 天下の芥川賞も,足の裏のご飯粒扱い。

« まわれまわれカザグルマ 止まらず走れ 『のだめカンタービレ(14)』 二ノ宮知子 / 講談社 Kiss KC | トップページ | すこーしだけ考えてみる 『生協の白石さん』 白石昌則,東京農工大学の学生の皆さん / 講談社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まわれまわれカザグルマ 止まらず走れ 『のだめカンタービレ(14)』 二ノ宮知子 / 講談社 Kiss KC | トップページ | すこーしだけ考えてみる 『生協の白石さん』 白石昌則,東京農工大学の学生の皆さん / 講談社 »