フォト
無料ブログはココログ

« 最近の新刊から 『大阪100円生活 バイトくん通信』『百鬼夜行抄(13)』 | トップページ | ブックオフに出回ってからで十分 『陰陽師 12 天空』 原作 夢枕獏,作画 岡野玲子 / 白泉社(Jets comics) »

2005/07/31

最近の新刊から 『頭文字D(31)』 しげの秀一 / 講談社(ヤングマガジンKC)

8251【敵ながらあっぱれと言うしかない・・】

 購入するまでもなく,この巻はもう必要ないとわかっていたのだが,カバンに持ち歩いている活字本を読むのが少しつらい日があって,ついうっかり買ってしまった。
 結果は予想どおり,いや予想を格段に下回っていたわけだが,ここまできたら逆にある種の作品の陥る傾向の典型的な資料として貴重かもしれない。

 帯に書かれた「高橋啓介(FD)VS.星野好造(R34)」において,この最新巻は200ページを費やして1アイデアを除きほとんど何一つ展開がない。ゴワアアアとかギャアアッとかいったおなじみの効果音の手描き文字が目につくばかりで,ストーリーは何も進まないのだ。対決モノのマンガでは連載開始当初に比べてだんだん1バトルの展開が遅くなり,ページを費やすようになる傾向があるが,あの『アストロ球団』ですら,1試合は長引いてもイニングごとのイベントはたっぷり用意されていたものだ。

 今回描かれる車は,1冊を通してバトルしている当人たちの操る2台のみ。ほかの登場人物によるセリフもたまに出てくる程度。主人公拓海は2コマに顔を出すだけでセリフなし。
 あとはただ,暗い峠の公道を2台の車がドギャア,ドン,ギャアアと走るばかり。同じコマをコピーで三度ずつ使っていると指摘されてもわからないほどだ。

 目次を見ると,ヤングマガジンの連載も,1号につき10ページ程度しか掲載できていないことがうかがえる。毎週,8ページとか10ページ,ゴワアア,ドギャギャだけしか載っていないわけだ。

 辞めたいのに辞めさせてもらえないのか,辞め方がわからないのか。
 辞め方がわからないなら,作者急病のため,でペンを置いてしまえばよいのだ。このまま作品の価値を落としていくよりはよほどマシに違いない。

« 最近の新刊から 『大阪100円生活 バイトくん通信』『百鬼夜行抄(13)』 | トップページ | ブックオフに出回ってからで十分 『陰陽師 12 天空』 原作 夢枕獏,作画 岡野玲子 / 白泉社(Jets comics) »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の新刊から 『大阪100円生活 バイトくん通信』『百鬼夜行抄(13)』 | トップページ | ブックオフに出回ってからで十分 『陰陽師 12 天空』 原作 夢枕獏,作画 岡野玲子 / 白泉社(Jets comics) »