フォト
無料ブログはココログ

« 悪を倒せと友が呼ぶ!! 合い言葉は正義!! 『チェンジング・ナウ』 UMA(ユーマ) / 講談社コミックス | トップページ | 『赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか』 赤瀬川原平 / 光文社 知恵の森文庫 »

2005/06/26

正統派?除霊コミック 『MAIL』(現在3巻まで) 山崎峰水 / 角川コミックス・エース

551_3【なら……コレ コレはどうやって撮ったの…!?】

 「○○のように頭がよい」というとき,人は不思議と「天使のように」とは言わない。大概,○○にはまるのは「悪魔」であり,その伝でいうならamazon.co.jpの仕業こそは悪魔の所業に等しい。
 このサイトは顧客が購入した商品をデータ化し,それにひもづくあれこれの商品を「おすすめ」してくるのだ。そ の選択がまた巧緻かつ絶妙で,「おっ,この作家の新刊が出たなら買わねばねばねば」「やや,このようなCDがあったなら聞かずしてどうしよどうしよ」と速攻で注文ボタンをクリックしてしまったこと庭のダンゴムシの数ではきかない。

 『MAIL(メイル)』は怖い小説やコミックをちょくちょく注文するIDで以前からその「おすすめ」にあがっていたもので,最近まとめて購入したのだが……残念ながらこれは密林様のお告げにしては久しぶりにハズレだった。

 本作は,霊能探偵・秋葉零児を主人公とする連作短編集。
 物語の大半は,彼のもとに霊的な事件の相談がもたらされ,現れた邪悪な霊を霊銃・迦具土(カグツチ)を用いて黄泉に送る──つまりは除霊する──というものである。

 山崎峰水(なかなか風光明媚な名前ではある)のペンタッチはやや太めでシンプル,背景は白っぽくクリア,といかにもカドカワしていて悪くない。事件の一つひとつは様々な工夫をこらしてありきたりの怪談噺に新味を加えている。登場する霊たちも,天井を這ったり,血とともにトイレから現れたり,携帯電話のメールとともにだんだん近づいてきたり,となかなかに……ところが,これがあまり怖くない。

 なぜあまり怖くないのか。その理由は明白で,中山昌亮(『オフィス北極星』の作画者だ)のホラーショート『不安の種』などもそうなのだが,霊の描き方が直接的にすぎるのだ。出るぞ,出るぞ……と盛り上げておいて,そこでぐわわっとゆがんだ顔が本当にコマの中に描かれてしまう。
 それをああ怖い,もう一人でトイレに行けない,という読み手も少なからずおられるだろうし,その方々が怖がるのを否定するつもりもないのだが,残念ながらそういったぬちゃっとした悪霊のアップはある程度年齢を経てホラー映画やコミックの経験を積むほどにさほど怖くなくなってしまう。

 本当に怖い作品は,血まみれの悪霊が見開きの大ゴマにアップで襲い掛かるようなものではない(映画の『エイリアン』の1と2のどちらがより「怖い」かを比較して考えていただきたい)。
 ましてや,その悪霊が世の中や特定の人物を恨んでそれに復讐をしようという物語でもない。それならあなたの背中であなたを恨んでいる高校生の息子さんのほうがよほど剣呑かもしれない。

 本当に怖いのは

« 悪を倒せと友が呼ぶ!! 合い言葉は正義!! 『チェンジング・ナウ』 UMA(ユーマ) / 講談社コミックス | トップページ | 『赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか』 赤瀬川原平 / 光文社 知恵の森文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪を倒せと友が呼ぶ!! 合い言葉は正義!! 『チェンジング・ナウ』 UMA(ユーマ) / 講談社コミックス | トップページ | 『赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか』 赤瀬川原平 / 光文社 知恵の森文庫 »