フォト
無料ブログはココログ

« 続・コミック誌における「戦い」の諸相について | トップページ | ライトが身上 『なぞ食探偵』 泉 麻人 / 中公文庫 »

2005/05/27

最近の新刊から 『のだめカンタービレ(12)』『OL進化論(23)』

689 定番2本。いずれも毎回楽しみにしている作品である。
 だが,連載初期と違って「読むのがツラい」面があるのは確かだ。なぜだろう。少し考えてみよう。

『のだめカンタービレ(12)』 二ノ宮知子 / 講談社 Kiss KC

 舞台はフランスはパリに移り,千秋とのだめは相変わらず愉快で素っ頓狂な……。

 そうか? 書評サイトなどでは「やっぱり笑える」「のだめの奇行,ますます」といった評価が少なくないが,本当にそうなのだろうか?

 連載当初を思い起こしてほしい。

 千秋,のだめは言うにおよばず,すべての登場人物が見当違いな,片恋には罵倒,技術には嘲笑,世界への道には飛行機恐怖症と,あらゆる事象があらゆる方角にすれ違い合い,ディスコミュニケーションが満ちあふれ,そのくせそれら登場人物が狭くるしいオモチャ箱のような音楽大学の日常にひしめいていたあのホットさ,あのクールさを。

 今回,25ページ左下,のだめのアップが象徴的だ。背伸びして技巧に走るのだめの演奏を止めようとする千秋に向けたのだめの目は言うなれば「正気」の目だ。連載開始当初の,どこからどこまで浮世離れした“あの”のだめの目は,ここには,ない。

 なぜだろう。27ページ中段ののだめのセリフがそれを説明している。
 「千秋先輩ひとりが(わたしの演奏を)好きだって仕方ないんですよ!」
 「もおっ 的はずれなことばっかり!!」

 彼らは,コンクール,留学を経て,音楽の世界,もしくは世界の音楽と正面から向かわざるを得なくなった。世界的な指揮者が訪れるとはいえ,日本の音楽大学,所詮それはヒヨコたちの「巣箱」でしかない。しかし,だからこそ成り立つストーリーがある。リズムがあり,ファッションがあり,魅力がある。

 音楽の世界,世界の音楽──つまりは「巣箱」から「社会」──に立ち向かうとき,あののだめさえが「的はずれ」,つまりディスコミュニケーションにあえぐ。
 あれほどホットかつクールにバラバラだった登場人物たちが,それぞれ自分を見つめざるを得なくなったとき(今回はそんなテーマばかりだ),そこに展開するのは百年前も千年前も繰り返されたおなじみの若者たちの物語だ。

 パリに舞台を移した『のだめカンタービレ』は変わらずすごい作品ではある。ではあるのだが,もはやあの『のだめカンタービレ』ではない。

『OL進化論(23)』 秋月りす / 講談社ワイドKCモーニング

 クオリティが落ちたようにも見えないのにここ数冊妙に重いなと思ったら,どうやら「35歳で独身で」ネタに比重がかかっているためのようだ。

 前回『OL進化論(21)』を取り上げたときは,美奈子やジュンちゃんたちが働くオフィスのシーン(コマ)が連載開始当初に比べて大幅に減っていることを指摘したが,やはり連載開始から15年も経つと,どうしても作者のオフィス観,OL像は古いものとならざるを得ない。

 たとえば──現在中堅どころの企業のオフィスやそのアフターファイブを描いて,これほど携帯電話や電子メール,パソコンが現れないのは一種異様ですらある。携帯電話やメールを介さない美奈子やジュンちゃんたちの距離感は,「お客様のおみやげ」「社封筒手にしてのおつかい」という古風な風物の中でサザエさん的無限ループを繰り返す。

 こうして,時代に即した変貌がとげられない以上,自然,素材として古色ゆかしき「結婚」「未婚」ネタが多くなるのはやむを得ないのかもしれないが……。

 それにしても昨今の35歳は,この作品で描かれるほどに「結婚」にばかりとらわれているのだろうか。35歳で独身であることの生むペーソスを否定するわけではないが,これほどまでに「結婚」が人生の至上命題であるかのように繰り返されるとさすがに息が詰まる。笑えない。

« 続・コミック誌における「戦い」の諸相について | トップページ | ライトが身上 『なぞ食探偵』 泉 麻人 / 中公文庫 »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・コミック誌における「戦い」の諸相について | トップページ | ライトが身上 『なぞ食探偵』 泉 麻人 / 中公文庫 »