フォト
無料ブログはココログ

« 「オーブル街」を聞いてしまったのだから | トップページ | 十五年の歳月の向こうから 『ラヴクラフト全集(7)』 H・P・ラヴクラフト,大瀧啓裕 訳 / 創元推理文庫 »

2005/04/13

にぎやかな夕ぐれやおへんか 『東亰異聞』 小野不由美 / 新潮文庫

Photo【自分でもよく分からない。ただ,夜に惹かれるのだよ。それも人の心の夜にねえ。】

 力のある「小説」である。
 主題はずばり「夜の闇をなめてはいけない」,だ。

 御一新後二十九年を経て瓦斯灯のともる帝都「東亰(とうけい)」に,「人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈する」(カバーの惹句より)。
 狂言回しに黒衣(くろご)とその操る娘文楽人形,さらに旧会津藩の下級藩士を父にもつ新聞記者・平河新太郎,浅草界隈に根城を置く大道芸師の顔役・万造の二人をホームズ,ワトスン役に配し,物語はゆうるり静かに,だが漸次深まっていく。

 伝奇と見るに本格推理,本格推理と見るに……という凝った造りで,平河,万造が事件を追ううちに公爵家のお家騒動が明らかになり。

 「ファンタジー」と称される小説が概して苦手で,本作も敬して遠ざけるの類だったが,不覚だった。
 このような「小説」もあり得るのか。受け手によっては最後の数十頁を是とするかどうか賛否は分かれるかもしれない。ここは,ただ過剰な幻想に流さず淡々と語り通した文体はこの終末をねじ伏せるための力業であったと読む。この同じ「東亰」の闇を,あの槐多もまた見たのではないか,などとも思う。

 桜の舞い散る中,クライマックスを迎える物語。
 夜桜見物の喧騒に背いて,妖しくも苦い異形譚に耽るもまた一興。

« 「オーブル街」を聞いてしまったのだから | トップページ | 十五年の歳月の向こうから 『ラヴクラフト全集(7)』 H・P・ラヴクラフト,大瀧啓裕 訳 / 創元推理文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オーブル街」を聞いてしまったのだから | トップページ | 十五年の歳月の向こうから 『ラヴクラフト全集(7)』 H・P・ラヴクラフト,大瀧啓裕 訳 / 創元推理文庫 »