フォト
無料ブログはココログ

« 小学生向け科学マンガ誌の熾烈な争い 『かがくる』 vs. 『そーなんだ!』 | トップページ | a centenary 『名短篇』 荒川洋治編集長 / 新潮社 »

2005/02/28

fall in 『てんから』 かまたきみこ / 朝日ソノラマ 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス

577【少し田舎へ行きますが── 来てくれますね?】

 かまたきみこが,なぜ,「降りる」シーンにこれほどまでにこだわるのかはよくわからない。

 ベランダやバルコニー,橋の欄干など,高さを示す構造物が作品中にあふれ,多くの登場人物がその高みから「降りる」者として描かれる『クレメンテ商会』。
 あらゆる都市が海中に沈んだ時代,人類の思い出を求めて水底に潜るシーン満載の『深海蒐集人』。

 そして初の短編集『てんから』は,文字どおり「天から」降る話である。
 何が,何故,降るのか。それをここで語ってしまうのは興覚めというものだろう。

 表題作のほか,IT産業の取締役兼開発室長が急死して,自身が開発したコンピュータ上のサイバー墓地(お墓参りソフト)に転生して,という話。
 観葉植物が人の会話を記憶することを盗聴に利用する諜報組織が,あるとき,という話。などなど。

 収録5作,奇想にあふれてはいるが,いずれも恋,もしくは恋のようなものの話である。
 ある思いはむくわれ,ある者はむくわれない。むくわれない物語が実のところハッピーエンドで,ハッピーエンドはアンハッピーエンドよりよほど寂しいものだったりもする。

 かまたきみこの作品の多くは,30年前なら「SF」という枠でもっとすっきり語られたかもしれない。奇想については「SF」であることで「そのようなもの」とスルーしてしまう。そして,たとえばあの当時多くのSFファンを魅了した「タンポポ娘」(ロバート・F・ヤング)のように,ただ切なさに打たれればよい。

 『てんから』に収録された作品たちは,「タンポポ娘」がそうであったように,作品として優れているかそうでないか以前に,ただ,はるかな高みから読み手を「恋」に突き落とす。
 そして多くの片恋がそうであるように,恋に落ちた者は,ただ,『てんから』を前に願うように祈るように,見つめ,待つしかない。

 「ええ3日おきですわ 愛されてますわね」

 ……収録作の1つ,「エンセル」の登場人物の言葉である。
 このようなセリフをこのようなシチュエーションでそっけなく語らせることができるのは,ほとんど神業といってよい。だとするなら,かまたきみこは,まぎれもなく創造の神に愛されているのだ。

« 小学生向け科学マンガ誌の熾烈な争い 『かがくる』 vs. 『そーなんだ!』 | トップページ | a centenary 『名短篇』 荒川洋治編集長 / 新潮社 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小学生向け科学マンガ誌の熾烈な争い 『かがくる』 vs. 『そーなんだ!』 | トップページ | a centenary 『名短篇』 荒川洋治編集長 / 新潮社 »