フォト
無料ブログはココログ

« 『蟲師(5)』 漆原友紀 / 講談社アフタヌーンKC | トップページ | 『おうちがいちばん(1)』 秋月りす / 竹書房 »

2005/01/31

『燕京伶人抄』 皇なつき / 潮漫画文庫

8221 角川書店から単行本として発行された『燕京伶人抄』(1996年),『燕京伶人抄[弐]女兒情』(1997年)の合本,文庫化。

 「燕京」は北京の古名,雅名で,周代にその地に燕の都があったことに由来するそうだ(わざわざ「燕京」と表記しておいて「ペキンれいじんしょう」と読ませるのは少し妙な感じだが)。

 美男美女の笑顔泣き顔拗ねた顔を描く作者の描画は豪華絢爛,随所に挿入されるルビ付き中国語のかもし出す異国情緒とあいまって,こと描画に関しては世評も高い。

 ところで,この1冊には,3つの「作品内時間」が流れている。
 1つはこの作品の舞台となっている北京の1920年代。1つは,そこで主人公たちがかかわる「京劇」の中で流れる時間。そして残る1つが,この作品が描かれた「現在」。

 気になるのは最後の「現在」で,いかに1920年代の北京の人々を描こうとも,結局は現在の作者の生活や目線が反映されるのが当然の理。テレビの時代劇が,服装や住居に時代考証を重ねたあげく,台詞や言動はとことん現代人のそれになってしまうのと同様だ。

 ところが,『燕京伶人抄』に描かれた若者たちの考え方,言動は往々にしておよそ現代的でなく,あまりの古めかしさにしばしば絶句させられる。
 ざっと台詞を抜粋しても,以下のとおり。

  「これまでもずっと待ってきたわ でも 希望が見つかれば待つのはもうつらくない…」
  「大事なあなたのために ご両親が見つけてくださったお相手でしょう?」
  「私が求めて止まないものをこんなにもはっきりと与えてくれたのは… あなただけだわ…」

 (最近は何をしているのかよくわからない)フェミニスト運動家が聞いたら髪の毛を逆立てそうだが,結局のところ作者はこのような生き方を容認しているのか,それとも徹底して作品の向こうに姿を隠しているのか,そこのところがよくわからない。

 つまるところ,おそろしく労力をかけた美麗な「ぬり絵」,絢爛なお人形さんの印象はぬぐえず,この作者は自分の描く登場人物に人間としての尊厳を付与するつもりなどハナからないのだろう。
 実際,第一話「鳳凰乱舞」の如山,第二話「愁雨歳月」の如海など,そのお馬鹿さ加減は思わず目を覆いたくなるほどで,これをみても,作者にとって,美麗な男女さえ描ければ,彼らの人格などどうでもよいということか。

« 『蟲師(5)』 漆原友紀 / 講談社アフタヌーンKC | トップページ | 『おうちがいちばん(1)』 秋月りす / 竹書房 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『蟲師(5)』 漆原友紀 / 講談社アフタヌーンKC | トップページ | 『おうちがいちばん(1)』 秋月りす / 竹書房 »