フォト
無料ブログはココログ

« いずれがペットか飼い主か 『しゃばけ』 畠中 恵 / 新潮文庫 | トップページ | 最近読んだ本 『エマージング(1)』『エロイカより愛をこめて(30)』 »

2004/09/25

砂漠に咲く花一輪,また一輪 『スマッシュをきめろ!』 志賀公江 / 双葉文庫

232【わたしはあの人を ゆるすつもりはないわ いま失格されてはこまるのよ……】

 テニスマンガは数あれど,読み手として一番「動揺」した作品はこれだったかもしれない。はらはらして,目の前が赤く揺れるような読み応えだった。
 同じ週刊マーガレット掲載だが,かの『エースをねらえ!』(1973~)よりさらに昔(1969~)の作品である。
 最近,ブックオフで双葉文庫版をみかけて購入。通しで読むのは何十年ぶりか。

 感動的だが抹香臭い『エース』に比べ,『スマッシュ』は荒々しいまでにむき出しの憎悪,敵意が魅力だ。

 本作は,天才テニスプレイヤー東城博之の2人の娘,槙さおりと東城真琴が,戦いつつ互いを高めあっていく物語なのだが,とくに連載開始当初の真琴の苛烈さは素晴らしい。木立を相手の訓練,Vカット,ローリングスマッシュといったエキセントリックな魔球も冴え,テニスマンガの歴史で,これほど攻撃的な作品はちょっと記憶にない。
 亡くなった父親をめぐる確執からバリバリとんがるボーイッシュな真琴はともかく,お嬢さん然とした姉のさおりがときおりみせる攻撃性がまた美しい。真琴が正面から点で刺すなら,さおりは面で覆うように攻める。当時の作者の内面にあふれていた何かが折りにふれ登場人物を通してほとばしる,そんな感じだ。

 絵柄やストーリー面で『エース』に比べて評価が低いのはしかたないとは思うが,一点,『エース』には欠落した大切なことを『スマッシュ』は教えてくれる。

 『エース』は得がたい師,先輩,恋人,さらにはライバルのプレイヤーたちとの出会いや別れの中で主人公の岡ひろみが成長していくという物語だった。それはよくも悪しくも誰かに「依存」することであり,岡ひろみの物語は「依存」のバランスのダイヤグラムだったといえる。
 一方,『スマッシュ』は,人間関係に起因する情念を次々に否定していく。恨み,欺き,嫉妬,罠……本作にはさまざまな憎悪や策謀がうずまくのだが,それらにこだわっている間は誰も勝つことができない。テニスプレイヤーとして輝くためには,それらすべての連鎖を超えなければならないのだ(それが難しいからこそ,さおりも真琴も意外と試合では勝っていない)。

 さまざまな諍いの果て,連載当初には呪縛のように姉妹を縛りつけていた父の存在も遺書にも等しい手紙を破り捨てるという明確な行為で振り捨てられてしまう。いつしかただ対戦する相手と互いをみなし,距離を保ちつつ信頼し合う。連載終わりごろのさおりと真琴の関係は驚くほどに澄んで美しい。連載当時はこの美しさにまるで気がつかなかった。『エース』の登場人物たちが脇役含めて総体で花盛りの森をなすなら,『スマッシュ』の姉妹は一人一人で咲く砂漠の花を選んだのだ。

 『スマッシュをきめろ!』の双葉文庫版はすでに品切れだが,実は100円ショップダイソーで手に入る(全5巻)。発表された時代が時代だけに,絵は荒削り,テニスのフォームは笑っちゃうほどとんでもない。それでも,スポーツマンガ黎明期の鮮やかな挑戦として,本作は忘れがたい。

 ……それにしても。思えば,『スマッシュ』も『エース』も,ウィンブルドンのセンターコートはおろか,ジュニアの部に「参戦」するのがせいいっぱいだった。マンガの世界での日本人によるウィンブルドン優勝は,塀内真人(夏子)の『フィフティーン・ラブ』が最初だと思うが(それ以前にいたらごめん),さて,現実のプレイヤーがセンターコートでガッツポーズを決めるのはいつのことだろう。……どうでもいいですね。

« いずれがペットか飼い主か 『しゃばけ』 畠中 恵 / 新潮文庫 | トップページ | 最近読んだ本 『エマージング(1)』『エロイカより愛をこめて(30)』 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いずれがペットか飼い主か 『しゃばけ』 畠中 恵 / 新潮文庫 | トップページ | 最近読んだ本 『エマージング(1)』『エロイカより愛をこめて(30)』 »