フォト
無料ブログはココログ

« 功夫(クンフー)の正しいあり方描き方 『セイバーキャッツ』(全5巻) 山本貴嗣 / 角川書店 ニュータイプ100%コミックス | トップページ | がんばれと言うは誰,がんばるは誰 『がんばれ元気』 小山ゆう / 小学館文庫 »

2004/08/23

130→77 『OL進化論(21)』 秋月りす / 講談社ワイドKCモーニング

710【35歳でやたら前向きな人って つらいわー】

 本日はお忙しいところ,お集まりいただきましてありがとうございます。
 えー本日のアジェンダですが,先日,弊部より発表いたしました秋月りす『どーでもいいけど』の営業速報内にて

秋月りすはこの連載を経て否が応でも1990年代の「不景気」の構造を学習し,正面から見据え,それはひるがえって代表作『OL進化論』の足枷ともなった。
『OL進化論』の好々爺たる社長,スーパーキャリアウーマンたる社長秘書らが登場の場を失い,ジュンちゃんのダメダメぶりがOLとしてではなくプライベートライフにおいてばかり強調されるようになったのは偶然ではないような気がする。
「人員整理」はもはや「まさか」と笑って過ごせるジョークの素材ではなく,会社は,1980年代までのように呑気で楽しい永遠の楽園ではないのである。

といったことを発表いたしましたところ,先週の営業戦略会議において,営業統括部長より「それは雰囲気で言っているだけではないか。お客様を納得させるのはあくまで数字の根拠がないとだめ」とのご指摘をいただきました。
 そこで,本来でしたらきちんとしたパワポの資料を用意のうえ発表させていただくのがスジということは重々承知しておるのですが,なにぶんお盆もあって現場のスタッフが足りず,分析に足る数字を集めるのが精一杯で……は? 言い訳はいい,早く先に進め。し,失礼いたしました。

 それでは,え,プロジェクタの映像で次のページをご覧ください,非常に簡単な表ではございますが,つまり,

  233分の130 56%
  235分の 77 33%

この上の数字が,1990年10月発行の第1巻,下の数字が2004年5月発行の第21巻となっております。は? あ,もちろん秋月りす『OL進化論』の第1巻と第21巻です。
 あ,この数字の意味ですね。はい,これからご説明申し上げるところで,申し訳ございません,段取りが悪くて。

 この数字はつまり,『OL進化論』の第1巻で,主人公の美奈子やジュンちゃんら,OLの登場人物がオフィスにいる,あるいは昼食を食べに外に出ていても制服を着ている,つまりとにもかくにも勤務時間内であることが明確なコマが1コマでもあった場合を1とカウントいたしまして,それが233作中の130作,つまり約56%あったと。
 それが,第21巻では,全体は235作でほぼ変わらないにもかかわらず,勤務時間を描いたものは77作,およそ33%。しかもその約半分は美奈子たちとは制服の色が違う,ほかの会社のOLを描いたものになっております。

 つまりこのように,タイトルこそ『OL進化論』ではありますが,本作におきましてOLは進化するどころかますますプライベートな,買い物であるとか,友達とのおしゃべりであるとか,そういった時間の比率が,これはタイトルを考えますともはや異常値と言ってよろしいかと。

 え,さらに,『OL進化論』の連載第1回めでは,ジュンちゃんがタバコのライターでロングヘヤーをこがしてしまって髪を短くし,タバコもやめたこと,また,連載第2回めでは美奈子もタバコを吸っているところをボーイフレンドに注意されるなど,のちには見られない設定がございます。
 また連載初期には,英語がペラペラだがそれがブロークンというかベランメエな英語であるというバイリンギャル絵美のなかなか購買層にアピールするエピソードもございまして,これらのちに見られなくなる設定や登場人物につきましてはさらに別ファイルにて,あーっ,あっ,申し訳ありません,これは単なる私の趣味の画像と申しますか,いえ決して職務時間中にこのような画像を集めたりながめたりしていたわけでは,決して,いえ,あの,あっ,ああああっ。

« 功夫(クンフー)の正しいあり方描き方 『セイバーキャッツ』(全5巻) 山本貴嗣 / 角川書店 ニュータイプ100%コミックス | トップページ | がんばれと言うは誰,がんばるは誰 『がんばれ元気』 小山ゆう / 小学館文庫 »

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 功夫(クンフー)の正しいあり方描き方 『セイバーキャッツ』(全5巻) 山本貴嗣 / 角川書店 ニュータイプ100%コミックス | トップページ | がんばれと言うは誰,がんばるは誰 『がんばれ元気』 小山ゆう / 小学館文庫 »