フォト
無料ブログはココログ

« 大人のための銀河鉄道の夜…… 『鳥類学者のファンタジア』 奥泉 光 / 集英社文庫 | トップページ | どこに向かう技量 『退屈姫君伝』 米村圭伍 / 新潮文庫 »

2004/06/30

のびやかに吹くべしホラを 『後宮小説』 酒見賢一 / 新潮文庫

Photo_3【なによ。ばつがわるいじゃないの】

 『鳥類学者のファンタジア』のもう一方の魅力は,小説たるものは本来突拍子もないホラ話であるべし,ということをがつんと思い出させてくれることにある。

 もちろん,ブンガクの使命はほかにもきっとある。多分,あるに違いない。だが,どうも「自分探しに懸命なワタシ」や「衝動的に破壊に走ってしまうワタシ」ばかりだと少々うんざりしてしまう。
 作者自身の惑いや心理衝動を散文にのせただけなら,それは「ワタシ小説」に過ぎない。純文学と分類される小説の側にも,他人を楽しませ,喜ばせ,救う,いうなれば「他小説」がもう少しあってもよいのではないか。もしくはもう少し評価されてもよいのではないか。どうも小乗小説が多いような気がしてならない。

 上記に思い至ったのは,『鳥類学者のファンタジア』に続いて酒見賢一『後宮小説』を読んだためでもある。

 『後宮小説』は第一回ファンタジーノベル大賞受賞作で──といわれても,ファンタジーノベル大賞というものをよく知らないのでうなずくしかないのだが──また,テレビアニメ『雲のように風のように』(1990年3月21日放映)の原作としても知られる作品である。
 このTVアニメ作品をうっかり(?)見てしまったため,これまで原作を読む意欲を失していた。だが,15年近く経って,ふと,アニメのほうはヒロイン銀河を演じた佐野量子のちょっとはかない(というか頼りない)声を除き,ほとんどなんにも記憶にないことに気がついて,今さらながら原作を読んでみようと思い立った。

 さて,その原作だが……なかなか,よかった。

 『後宮小説』は,田舎娘の銀河が,腹上死した先帝の後を継いで素乾国の皇帝となった槐宗の後宮に入り,物怖じしない天真爛漫な言動に周囲を巻き込み,あげくに後宮軍隊を組織して反乱軍に立ち向かう,というお話である。

 まぁ,詳細を覚えてもいないアニメと比較してもしようがないが,『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』の近藤勝也によるアニメのキャラクターの銀河はおよそ美人には見えないが,原作では性格はともかく王都で流行している衣装を着せ,公女のように髪を結えば「宦官の身でさえはっとするほどの姫君」とされている。要するに,原作では銀河は美麗であること一流なのである。
 また,原作の文体には,アニメでは表現されなかった,架空の「素乾国」の歴史などをまるごとデッチアゲた「かろみ」が漂っている。架空の王朝の後宮について,架空のしきたり,架空の学問をしゃらりと描き上げる。「素乾」というネーミングからして,素晴らしいではないか。
 本書は,「素乾書」「乾史」「素乾通鑑」という(当然ながら架空の)文献をもとに書かれたことになっており、随所にそれが示される。曰く,

『強ヒテ望ム,ソノ答ヲ出ダサレンコトヲ。判然トセザルハ心気安セザルナリ』
 と銀河が叫んだことになっている。
「ちゃんとした答えを教えてもらわないと,夜も気になって眠れなくなるじゃないの」
 師に対するには不躾すぎる物言いであろう。さらに,『卑怯ナリ』と言ったともいわれるが,どうだろうか。

 ここで,筆者も馬鹿かと思わないこともない。この小説のもとだねとなっている歴史書のひとつ「素乾書」を編纂した無名の史官に対してである。正史とは国家の歴史の正式な記録である。にも拘らず,このような痴戯の類まで馬鹿正直に記載しているのである。そんな史官の執筆態度に筆者も好意を覚えざるを得ない。

 などなど。
 タワケているといえばこの上なくタワケた書きっぷりだが,これが本書の魅力と「かろみ」の真髄である。

 また,テレビ用のアニメではほとんど触れられなかったが,原作では素乾国後宮における一種の性愛哲学に大きな比重がおかれている。それを語るに作者は角先生という人物を用意して,作者直接でなく角先生に語らせ,処女の銀河に問答させることで,そのあたりの生臭さを巧みにすり抜け,バートン版『カーマ・スートラ』同様本来のそのことの尾籠さをうまく隠蔽している。
 ただ,なにぶん全編にこの話題の占めるボリュームが大きく,本書を子供に勧めるとなるとやや躊躇するものがあるだろう。

 最後に,『後宮小説』は本来子供っぽくてのびやかな銀河の魅力(年ごろになったハイジを想像すればよい?)によるものだが,それ以上に魅力的なのは,素乾国を滅ぼした幻影達の背後にいた,渾沌なる人物である。
 この気まぐれ,かつ妙に文化人たる混沌,アニメでは気のいいおじさん程度にしか描かれなかったが,原作では一種の「怪物」である。おそらく,混沌という人物の側から素乾史を描いたなら,本書はおよそ手触りの違う暗黒小説となったかもしれない。本書が,いかにもジブリアニメの原作のようでありながら,中に一種の鉛の錘を置いたような按配なのはこの渾沌という人物のせいであろう。

 さて,小説はホラ話,ということでは,もう一人取り上げたい作家がいる。
 次回はその作家の作品を。

« 大人のための銀河鉄道の夜…… 『鳥類学者のファンタジア』 奥泉 光 / 集英社文庫 | トップページ | どこに向かう技量 『退屈姫君伝』 米村圭伍 / 新潮文庫 »

ホラー・怪奇・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人のための銀河鉄道の夜…… 『鳥類学者のファンタジア』 奥泉 光 / 集英社文庫 | トップページ | どこに向かう技量 『退屈姫君伝』 米村圭伍 / 新潮文庫 »