フォト
無料ブログはココログ

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の4件の記事

2004/05/31

少女マンガにおける「甘美」と「内省」の変遷 『ジェシカの世界』 西谷祥子 / 白泉社文庫

169【じゃあこれから考えるのね ちっともおそくはないわ】

 2002年に水野英子のいくつかの作品が文庫化されたことはすでに紹介した(あとはどこかが『赤毛のスカーレット』を復刊してくれるのを待つばかり)。それに続いて,今年は西谷祥子(にしたに よしこ)の代表作の文庫化が進んでいる。1960年代の「週刊マーガレット」という,ピュアな意味での少女マンガの黄金期を代表する作品群である。

     ☆    ☆    ☆

 既刊の『マリイ・ルウ』(おお! ちなみに「マリイ」と「ルウ」の間はハートマーク),『ジェシカの世界』(うう!),『レモンとサクランボ』(ぎゃお!)……。
 続刊は,連載当時どんどん救いがなくなっていく展開に驚きつつ読み呆け,そのくせ肝心なクライマックスを読み逃した,痛恨の『学生たちの道』だそうだ。40年近くそれが記憶の咽喉(のど)にトゲのようにひっかかってきたが,その最終回を知ることは,果たして人生の充足といえるだろうか,それとも。

     ☆    ☆    ☆

 西谷祥子は,ヨーロッパの貴族社会やアメリカのハイスクール,そして日本の高校の自由な青春群像と,当時の少女たちがあこがれた世界を次々取り上げてはハイテンポかつオシャレに描き上げてみせた。
 のちにデラックスマーガレットの表紙を飾った美麗な(高橋真琴ばりの)イラストの印象も強く,どうもこの少女の「あこがれ」や「オシャレ」のベクトルばかり強調されているような気がしないでもない。しかし,実のところ西谷祥子が少女マンガに持ち込んだもので最も重要だったものは「内省的な心理描写」だったのではないか。

 ご記憶の方は,他愛ない青春コメディの一幕であったはずの『ジュンの結婚』を思い起こしていただきたい。
 マンガのセリフはご存知のとおり,風船のような吹き出し(どの人物のセリフかは「<」の向きで示される)と,吹き出しと人物を「〇〇〇」で結んだ心中のセリフに分けられる。ところが,『ジュンの結婚』では,さらに登場人物の背景の地に文字で書かれた,いわば内省的なセリフが随所に活用されていた。
 つまり,それまでの少女マンガの登場人物たちが,「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「残念」等,いわば一次的な感情のままに喋り,行動していたのに比べ,西谷作品の登場人物は,たとえば「わたしが嬉しいのはあの人の不幸を喜んでいることになるわ」とか,「残念と思うわたしは,彼のことが気になっているということかしら」と二手,三手先まで自分の心を読もうとしたのである。文学では当たり前のことだが,当時の少女マンガの世界ではそれはかなり斬新なことだったのだ。

 元来,マンガのキャラクターは純真で疑いを知らないのを善しとされ,およそ内省的とはいい難い。だからこそ,トゥシューズに画鋲が入っていても周囲を憎むことなく翌日も頑張ってレッスンに励むことができたのだ。
 しかし,西谷作品の登場人物は,そこで相手の悪意を考える。ただし,単に高慢なお嬢さまグループを敵とみなすのではなく,なぜ彼女がその行為をするにいたったのか,自分のせいではないのか,自分としてはどうすればよいのか,まで考える。

 内省的に過ぎる結果,なかなか思いを相手に伝えられなかったり,大切な一歩を踏み出せないということはあるだろう。だから西谷作品では,主人公の恋愛がテーマでありながら,得恋あるいは失恋という明確な結果が得られないことが多い。
 思いを伝えられないブルーな日々,ところが思いがけない事件ののち両想いが明らかになってピンクの日々……そういった,それまでのオーソドックスな少女マンガ作品の多くのように恋愛が簡単に割り切れるものではないことを,たとえば『レモンとサクランボ』は示す。ラブ・アフェアにあふれたストーリーでありながら,この作品では主人公の礼子とさくらは最後までステディな彼氏を持たないのだ(「ステディ」も「彼氏」もいまや死語ではあるが……)。

     ☆    ☆    ☆

 ヨーロッパの貴族社会,アメリカン・ハイスクール……西谷作品がこれらを舞台にしたのは,当時の少女マンガが,当時の少女たちの「甘美な夢」を代わりに描いてみせるものだったためだ。
 いわく,はじめてのドレス,はじめてのデイト,はじめてのダンス・パーティー……。

 もちろん,昨今の少女マンガにもそういった傾向がないわけではない。
 しかし,最近の作品の大半には「この程度ならあり得るだろう」というリアリティが染み付いている。たとえばミュージシャンとの恋愛を描くにしても,プロのミュージシャンの生活はキラキラ光る別世界ではなく,アマチュアバンド,インディーズのセミプロ,その先のプロの世界と,読み手の日常生活と地続きである。

 しかし,西谷祥子らが活躍した時代,とくに60年代は,そうではなかった。
 その一つの現れが,『ジェシカの世界』のエンディングである。ネタバレで申し訳ないが,本作では主人公の少女が最後には発狂して,自分の世界に閉じこもってしまう。当時,一条ゆかり『風の中のクレオ』,水野英子『ファイヤー!』など,主人公が発狂して終わる少女マンガは少なくなかった。
 つまり,当時,少女マンガに求められていたものは日常生活と地続きでない「甘美」さであり,狂気はその「甘美」の側にあったのである。

 現在,登場人物が発狂するエンディングを「甘美」に描くことはかなり難しいだろう。描かれる世界が日常と地続きとなった時代,狂気は結局のところやっかいな,あるいは治療の対象たる「病気」の一種なのだから。

     ☆    ☆    ☆

 西谷祥子は,考える主人公を創造し,おそらくそれは見えにくいところで少女マンガの系譜に極めて大きな影響を残した。

 「甘美」へのニーズに応えつつも,「考えないお人形」から「考える少女」に。それは少女マンガの主人公がのちに「少女」から生身の「女」に変わるために開かねばならなかった扉ではなかったかと思うのだが,どうだろうか。

2004/05/28

『あの素晴らしい 日ペンの美子ちゃん をもう一度』 岡崎いずみ+mico secret service / 第三文明社

2401【ペン字検定一級合格者の4割は日ペンの出身者】

 出版,それもコミック関連の書籍にたずさわる者なら,誰しも本書のタイトルにショックを受け,悔しさと情けなさと羨望をこめたため息を「はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っっっっ」とたっぷり150秒はもらし続けるはずだ。
 
(何年か前,いかにもオタク然とした三代め美子ちゃんの作者(=さとうげん,男性)が深夜番組「タモリ倶楽部」にブリキのロボットを持って現れたとき,なぜこの企画を思いつかなかったのか……編集者がオノレのヘソを噛んで死んでしまいたくなるのはこんなときである。)

 日ペンの美子ちゃんは,1972年から1999年にかけて,主に少女マンガ誌の裏表紙を飾った広告マンガだ。

 『エースをねらえ!』や『たそがれ時に見つけたの』をリアルタイムにお読みの方には説明の必要もないだろう,そう,あの強引な展開,ペットのネコ,

  なにしろ55年の歴史をもつ日ペンで字をならったんだもの……
  先生方も一流だし……
  バインダー式の教材がステキよ
  テキストもわかりやすいし漢字の筆順やお手紙の書き方もマスターできるの!

の,あの美子ちゃんである。

 本書はあの時代に誰もが目にしつつ,誰もがなんとなく見過ごしてきた日ペンの美子ちゃんを正面から取り上げ,初代から4代めまでの主な作品を紹介するとともに,それぞれの作者のインタビューや中村うさぎらの寄稿エッセイなどで資料性を高めたものだ。

 美子ちゃんの趣味。美子ちゃんのパパの仕事。美子ちゃんの住所。美子ちゃんの意外な苗字。
 美子ちゃんの就職。初代から3代めまでがそろったレアな作品。さらにレアな美子ちゃんの結婚後……!

 あなたが出会った美子ちゃんは,どの美子ちゃんだったろう。
 ちなみに,カラスにとっては,やはり,初代の矢吹れい子,すなわちのちの中山星香による美子ちゃんが,どうしてもナンバーワンにしてオンリーワンだ。美子ちゃんはやっぱりお姫さまカットでなくっちゃ。

 -------------------------------
 ところで,本書の後半には美子ちゃんのパロディとして,パソコン雑誌「Oh!X」に掲載された「満開の電子ちゃん」が紹介されている。掲載許可をとろうとしたが制作元の「満開製作所」と連絡がつかないという。
 仕方ないだろう,電子ちゃんの原作者,祝一平氏は数年前に亡くなっている。満開製作所も消散したように聞いている。
 ……祝さん,僕は寂しいよ。

2004/05/14

沈みゆく悲しみ 『深海蒐集人(1)(2)』 かまたきみこ / 朝日ソノラマ

722【アラン・ボームのカレイドスコープ…】

 3年ばかり前に紹介した『クレメンテ商会』は,コピー機やFAX機と会話をかわせる主人公を描いた,素敵にエキセントリックで,不思議にノスタルジックな作品。

 その拙評の中で

描かれたコマには,ベランダやバルコニー,橋の欄干など,高さを表す構造物があふれている。OA機器の世界は古代ギリシア風の柱が立ち並び,登場人物は階段を走り,コピー機は階上のフロアから蹴り落とされる。そして多くの場合,登場人物はその高いところに「登る」のではなく「降りる」姿として描かれる。

と書いた自分を,今はちょっとだけほめてやりたい。新シリーズ『深海蒐集人』は,地球の温暖化が進み,人類の築いた文化のほとんどが海中に沈んだ時代の女性天才ダイバーが主人公である。もう,「降りる」,いや「潜る」シーン満載。

 地球温暖化で都市が水に沈むという発想は,SF作品では枚挙にいとまがない(J.G.バラード『沈んだ世界』,椎名誠『水域』,ケヴィン・コスナー主演の映画『ウォーターワールド』など)。
 その際,人類が限られた土地を植物と動物のために割り当て,一部の限られた人々だけが陸での生活を送り,残る人々が肺や筋肉を海に適合させて海上で生活する,という設定もそう無理ではないだろう。
 驚くのはその先だ。本来なら海水に侵食されるはずの金属や木質に,水と調和する処理を施したため,街は水に沈んだままの形で生き残り,主人公は海の人々の中でも傑出したプロのダイバーであり,「図書館」の依頼に応じて海底に潜り,カードキーで目的の家に入り込み,古い絵や本,貴重品を取ってくる……。

 『深海蒐集人』は,遺跡のように静謐で神々しい海底の街と,騒音に満ちた船の上,陸の上とを行きつ戻りつして展開する。ある短編は財産や欲望にまみれたサスペンスであり,ある作品は古代都市の郷愁を招く歴史ドラマだ。

 ……書評なんて無力なものだと思う。
 『クレメンテ商会』の際もそうだったが,このような設定,あらすじをいくら書きつらねたところで,かまたきみこの作品の奇妙さ,ひたひたと満ちるような哀感はおよそかけらほどにも伝えられそうにない。

 かまたきみこは明らかに萩尾望都らいわゆる24年組の作家たちの影響下にある。が,そのわりにタッチにはあまり気を遣わないほうなのか,多くのコマはかならずしも美麗とは言い難い。また,しみじみと泣ける話なのにばたばたと笑えない三枚目が見開きを走り回ったり,主人公のミミにしても読書好きな地味な性格なのか,がちゃがちゃした元気一辺倒の性格なのか統一がとれていない。全編,驚くほど美しいコマと,一種乱雑なコマとが入り乱れる。

 だが,なにはともあれ。
 彼女が水音も立てずに水面に飛び込み,まっすぐな体で潜り,静かに扉を開けるとき,水底,かつてそこで暮らした人々の悲しみが封じ込められた世界は彼女を黙って受け入れ,彼女が絵や本を手にすると,そこには豊かな物語が水に揺れながらつむがれる。奇想というタペストリいっぱいに,ゆっくりと,音楽のように。

2004/05/06

最近《ちょっと》がっかりしたコミックス 『栞と紙魚子 何かが街にやって来る』 諸星大二郎 / 朝日ソノラマ(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

Photo【そう… 困ったわねえ ああいう用で来られる方は たいてい何か忘れて行くから…】

 一昔,いや二昔ばかり前までの文芸同人誌の合評会では,「直接的」というしごく便利な論評用語がまかり通っていた,らしい。
 「この事件の描写は直接的でいただけないね」
 「このエンディングでは主人公の感情があまりに直接的すぎる」
といった具合に用いて,要は「あまりよろしくない」というのを言い換えているだけ。しかし,文芸同人誌の数十枚の小説に読み手の誰をも瞠目させる描写など簡単になされているわけもなく──そんなことできるくらいなら,そんなとこで書いてたりしません──結局若い作者は自分ではロクに書きもせずただ人の作品を酷評してばかりの先輩同人に「はぁ」とうなずいてみせるしかなかったりするのであった,らしい。
 ただし,ではその「直接的」という品評論評に実がないのかといえばいちがいにそうとも言い切れず,確かに若書きの作品などに生硬というかぎこちないというか,やはり「直接的」としか言いようのない表現はあったように記憶している,そうだ。

 閑話休題。
 『栞と紙魚子』シリーズ,待望の新刊である。

 確かひとたびは掲載誌「ネムキ」に次号で最終回,との予告があったはずだが,作者が気を変えたのか編集が拝み倒したのか,とりあえず連載が終わることはなかったようだ。ファンとしては有り難いことなのだが,いかんせん新刊『栞と紙魚子 何かが街にやって来る』は何やらバタバタした印象が強く,いただけなかった。
 前作『栞と紙魚子と 夜の魚』が切ないほどによい出来だっただけに,少しの瑕でも目につくのかもしれないが……。

 本シリーズの魅力の一つとして,舞台となる胃の頭町のごくありきたりな町並みが,ぐにゃりと異界と通じてしまい,平凡と不可思議が混ざり合ってしまうことがある。
 ここで特筆すべきは,主人公たちが怪奇やモノノケが生息する異界に入り込むのではなく,生活の中に異界が点在するように現れることだ。濃い霧の向こうが異界だった,のではなく,すれ違う人の数人に一人が妙,棚の食器の数枚が自分で歩く,といったような按配。しかも,摩訶不思議な顛末に登場した妙な人物やモノノケは,そのあと,平然と胃の頭公園などに棲息するようになってしまうのである。
 この,平凡と異界,悲惨と太平楽との乱雑でソリッドな混ざりようが,体感的になんともいえない。

 ところが,今回の新刊に収録されたいくつかの作品では,従来の作品に比べ,どこか事件の展開や登場人物の言動が「直接的」なのである。

 たとえば栞が飼っている猫のボリスは一種の化け猫なのだが,今回のある作品ではほとんど主人公のように振る舞い,ドタバタコメディを演じている。化け猫としてのボリスの魅力は,もしかしたら喋るのかもしれない,喋らないかもしれない,もしかしたらモノのわかった,いやそんなはずは……といった曖昧かついい加減な猫もしくは化け猫としてのあり方にあったはずだ。それなのに,本作ではまったくのところストレートな化け猫すぎるのである(もちろん,佐賀の化け猫とはずいぶん佇まいの異なるお化け猫ではあるが)。
 また,いかにもなホラー作品「魔術」も,このシリーズでは珍しく登場人物が本当に殺されてしまうなど,悪意に満ちた魔空間がストレートに描かれている。およそ胃の頭町の事件らしくないし,そもそもこの作者の作品としても違和感が強い。
 わずかに「ゼノ奥さんのお茶」「井戸の中歌詠む魚」の二編は従来の茫洋たる作風を示してはいるが,ゼノ奥さんの庭を描いた作品なら以前のほうが格段に優れていたし,「井戸の中」もどこかピントが合っていない。また,二編とも栞や紙魚子がただの傍観者に過ぎないのがもの足りない。

 「直接的」ということでもう一つ例をあげるなら,本シリーズの名キャラクター,段先生の奥さんは,従来はドアや襖越しに手や顔の一部しか描かれないというまことに魅力的な存在だったものが,本作では再三通常の人間と同じフォルムで登場する。これがつまらなくなくて,なんだろう。

 ……連載を終了すべきとはいわないまでも,いったん休憩して,不定期掲載にしたほうが作品のためにはよかったのではないか。作者こそはゼノ奥さんのお茶を飲んで,何かを忘れてきたほうがよいのかもしれない。

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »