フォト
無料ブログはココログ

« 最近読んだ本 『頭文字D(28)』『モーツァルトの子守歌』ほか | トップページ | サン=テグジュペリの機体確認される »

2004/03/30

最近読んだ本 『空のむこう』『恋は肉色』『風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険』『菜摘ひかるの私はカメになりたい』『えっち主義』

868『空のむこう』 遠藤淑子 / 白泉社(ジェッツコミックス)

 遠藤淑子の作品をヒトカラゲに「ハートウォーミング」とレッテル貼ってすますのはそろそろ止めにしてほしい……と常々思っていたら,久々発行の本短編集では担当者が変わったものか帯やカバーにその言葉は見当たらなかった。善哉。

 「ハートウォーミング」という評価にどうして苛立つかといえば,それを説明するにはエネルギー保存の法則を持ち出さねばならない。

 遠藤淑子の作品が読み手のハートを温める,これが事実であるとき,読み手のハートにもとから用意されていたなにがしかが燃焼するか,あるいはハートの外部から熱量が持ち込まれるのでなくてはならない。
 しかし,読み返すまでもなく,遠藤淑子の作品は,ばたばたしたギャグがちりばめられたものも,しんみりシリアスなものも,いずれもハッピーエンドとは言いがたい。比較的最近の長編,『ヘブン』『狼には気をつけて』『マダムとミスター』などを見ても明らかなように,そもそもがハートウォームといえるような設定ではないのだ。ギャグと穏やかな各エピソードの最終ページに騙されてはいけない。登場人物たちが息づく世界は,寂しくも枯れ果てた,救いのない砂漠なのだ。
 つまり,読み手のハートが温まるのは,彼ら登場人物の残りとぼしいぬくもりを搾取しているからに過ぎない。

 同じ雑誌で活躍したこと,絵柄が決して巧みとは言いがたいこと,シリアスなストーリーにこれでもかとギャグを盛り込むこと,など,類似点の多い遠藤淑子と川原泉が意外なほど並列して語られないのは,このあたりの構造の違いによる。
 遠藤淑子がエネルギー保存の法則にのっとって読み手に熱をもたらすのに対して,川原泉はいうなれば共振,共鳴の理論で読み手を揺さぶる。遠藤淑子の登場人物が諦念に満ちているのに対し,川原泉の登場人物は愚痴っぽいが優しい。彼らのちょっとした台詞やしぐさに心を温められるなら,それはあなたのハートの何かが彼らによって共振,共鳴を起こしているためなのである。

『恋は肉色』『風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険』 光文社 知恵の森文庫
『菜摘ひかるの私はカメになりたい』『えっち主義』 角川文庫

 菜摘ひかるのエッセイ集を束ねて読んだ。

 とくに思うところがあったわけではない。
 ずっと以前,インターネットのオークションで,誰かが彼女を(もちろん当人に無断で)売りに出した。その事件の記憶が少しばかり引っかかっていたためかもしれない。

 4冊続けてまとめ読みしたせいなのか,また,どこまでが意図的なのかよくわからないが,4冊の隅から隅まで,著者は自分のことしか書こうとしていない……そのことには何か圧倒された。

 風俗嬢という,徹底的に対人的な職業についていながら,その間,彼女はずっと自分のことしか考えていない。単に「我欲」というのとは違う。まったく違う。また,「自分は,自分は,」と表層的な自己主張が強いわけでもない。

 たとえば服装や化粧について語るとき,人は誰しも「他人にどう見られるか」を気にする。菜摘ひかるの場合,必ずそこに「自分としては」が付け加えられる。彼女の言動,職業選択,対人関係,そこにすべて「菜摘ひかる」というフィルターが被さった感じだ。1つ1つは別に特殊なことではない。だが,「必ず」「すべて」となると,さすがに圧迫感が強い。
 たとえば男女が恋愛関係にあるとき,そこには女と男がいるはずだが,本書では「菜摘ひかる」しかいないようにしか読めない。彼女はなぜ「自分が」その相手と付き合うつもりになったかを語り,「自分が」どうなると「自分が」付き合いを続けられないかを語る。相手の男は菜摘ひかるを通してしか存在しないし,菜摘ひかるが目をそらした瞬間,この世からいなくなってしまう。
 4冊の文庫本のうち2冊の作品名に著者名が乗っかっているのも,偶然ではないような気がする。

 菜摘ひかるはソープで働いたときのことを語る際に,半可通の客をあしらい,うぶで感じやすい若い女を演じてみせ,それをプロの矜持として誇る。とても正しいと思う。彼女に限らず,プロはそうなのかもしれない。そうなのだろうと思う。
 では,これらの書物において,彼女と読み手の関係はどうなのだろう。読み手はどこまで彼女を信じてよいのか。信じるべきではないのか。
 文庫の解説やWebに散見する感想の類では,女性の読者にはなんらかの共振,共鳴を発生しているように思われる。僕には残念ながら,共振,共鳴する糸がない。

 ただ,それならつまらなかったのか? と問われれば,それに対してはけっこう面白かった,と答えたい。
 女ではない自分,風俗営業にかかわったことのない自分,ましてや風俗嬢の経験のない自分(当たり前だ…)からみて,これらのエッセイ群は,実にソリッドなノンフィクションレポートであり,まるで異国文化に触れるような新鮮な読書体験を与えてくれる。
 たとえば,4冊の中では自伝仕立ての『風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険』が抜群に面白い。都内某所のストリップ劇場での10日間を描いた「トキメキ☆衆人環視」など,汗の飛び散る肉体労働を歌い上げるという意味で近年まれな大ケッサクだと思う(多分,女性読者にウケるのは,こういった部分ではないのだろうが)。

 ただ,その読書体験を与えてくれる著者に対して好感を持てるかといえば,それはまた別だ。好感という言葉を持ち出すのがそもそも間違いかもしれない。「自分が」「自分は」と繰り返す小さなブラックホールを扱いかねる,そんな印象のほうが近い。わずらわしさのほうが先にたってしまうのだ。

 角川文庫の『えっち主義』には,エッセイに合わせて作者当人によるマンガが掲載されている。絵の巧い下手とは別に,菜摘ひかるにとって人間の顔がゴム製品のように見えているのではないかと思われるときがあり,少しばかり異様な気がする。

« 最近読んだ本 『頭文字D(28)』『モーツァルトの子守歌』ほか | トップページ | サン=テグジュペリの機体確認される »

エッセイ・紀行・写真 その他」カテゴリの記事

コミック(作品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近読んだ本 『頭文字D(28)』『モーツァルトの子守歌』ほか | トップページ | サン=テグジュペリの機体確認される »