フォト
無料ブログはココログ

« 読むのに時間がかかった本 『ばってんBOX(1)』 笈川かおる / 集英社ヤングユーコミックスワイド版 | トップページ | 『どーでもいいけど 不景気な暮らしの手帖』 秋月りす / 竹書房 バンブー・コミックス »

2004/01/19

『紙の中の黙示録 三行広告は語る』 佐野眞一 / ちくま文庫

712【近所の人達は誰れも知らぬ。過去と今後の進路は一切問わぬ。重病の父に一目だけでも会って欲しい。真佐子】

 佐野眞一といえば,読売新聞,日本テレビ,プロ野球巨人軍の上に君臨した正力松太郎を取り上げた『巨怪伝』,ダイエーの中内功を主軸に戦後の流通史を描き上げた『カリスマ』,そして『だれが「本」を殺すのか』,『東電OL殺人事件』など,骨太で長大な著作で知られるノンフィクション作家。
 一方で彼は生活に密着した低い目線のルポルタージュ雑誌連載も得意で,ゴミや業界紙といった身近な素材から現代日本を浮き彫りにしてみせる。
 本書『紙の中の黙示録 三行広告は語る』は,新聞の三行広告をトリガーに,さまざまなメディアの小さな広告群から浮かび上がる社会の実相に着目した作品である。

 読み手はまず,巻頭に例示された赤瀬川原平収集による三行広告に圧倒される。そこでは,なんらかの経緯で家を出た「隆」に対するその母親らしい「真佐子」の執拗なまでの語りかけが繰り返されている。十五回にわたるその尋ね人広告の中で,隆の父は倒れ,入院し,死んでいく。当人たち以外にはわからぬドラマが短い活字の向こうで展開され,消えていく。
 そして,これら尋ね人広告,お詫び広告,黒枠広告の裏でしのぎをけずる新聞,広告代理店の面々。

 面白いのは,
  「三行の活字の裏側にひそむ社会の諸相と,この時代のみえない底辺を,文字通りフィールドワークしていきたい」
という著者の作業そのものが,本書が「モノマガジン」に連載された1988年から翌89年,つまりバブル経済最盛期(バブルがはじける直前)の世相を期せずして克明に描き上げていることである。

 たとえば,
  「未曾有の好景気による求人広告出稿数の激増ぶり」
  「もはや給与面の待遇など,一点だけをアピールするだけでは,なかなか人が集められない時代」
といった表記を,現在のリストラクチャ当事者たちはどう読むだろう。
 もちろん,バブル最盛期とはいえ,財界の大物のレポートを得意としただけあって著者の視点にブレはなく,
  「三行広告は,ふくらむだけふくらんではいるが,内部の空洞もそれだけ広がっているゴム風船のような日本経済そのものを象徴している」
の一節は,流石と評価してなお余りある。

 ただ,雑誌連載のメリハリに窮してか,大阪・釜ヶ崎,訪問販売業者,求人情報誌など,素材や対象を広げ過ぎてやや散漫な印象があるのが残念。
 また,『東電OL殺人事件』などでも時折りみられた,
  「そのカラフルな頁には,時代という名の共犯者に追従し,彼らが無意識のうちに犯してきたその咎(とが)もまた,あぶりだしのように滲みだしている」
  「もし三行広告に声があるとするならば,時代と社会の澱の底からわきあがるようなおらび声やうめき声が,紙面の背後から聞こえてくるはずである」
といったウェットに過ぎる表現が気にかかる。
 これほどに扇情的にあおらず,事実の積み重ねだけで読み手を圧倒するのが,ルポルタージュのあるべき姿ではなかっただろうか。

---------------------------------------

 ところで,三十余年を経た今も記憶に残る,尋ね人広告について,一ネタ。
 おそらく1971年の秋だと思われる。講談社・少年マガジン本誌の『巨人の星』の連載が完結し,少年マガジン別冊として厚さ2cm程度の『巨人の星』総集編本が発売された。マンガの単行本文化がまだ発達しておらず,人気連載マンガを追体験するにはそういった別冊を購入するしかなかった時代である。
 さてその『巨人の星』総集編本の最後を飾る1巻の,そのまた巻末に掲載された埋め草ページ,読者の声やイラストにちょっとしたギャグをあしらったその見開き,新聞の体裁をとった確か左ページ右下にその尋ね人広告はあった。

  「飛雄馬 パーフェクトかたついた帰れ 一徹」

« 読むのに時間がかかった本 『ばってんBOX(1)』 笈川かおる / 集英社ヤングユーコミックスワイド版 | トップページ | 『どーでもいいけど 不景気な暮らしの手帖』 秋月りす / 竹書房 バンブー・コミックス »

テレビ・新聞・雑誌・出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読むのに時間がかかった本 『ばってんBOX(1)』 笈川かおる / 集英社ヤングユーコミックスワイド版 | トップページ | 『どーでもいいけど 不景気な暮らしの手帖』 秋月りす / 竹書房 バンブー・コミックス »