フォト
無料ブログはココログ

« 最近読んだコミック その三 『頭文字D(27)』『蟲師(1)~(3)』 | トップページ | 書評未満 『AV女優』『AV女優2 おんなのこ』 永沢光雄 / 文春文庫 »

2003/09/27

『東電OL殺人事件』 佐野眞一 / 新潮文庫

500【「ねえ,お茶しません」】

 「古ぼけたアパートの一室で絞殺された娼婦,その昼の顔はエリートOLだった。なぜ彼女は夜の街に立ったのか。逮捕されたネパール人は果たして真犯人なのか,そして事件が炙り出した人間存在の底無き闇とは……」(文庫表紙カバーの惹句より)

 文庫にして540ページの大作である。
 が,実は,著者 佐野眞一がなぜこれほどまでにこの事件に入れ込んだのか,よくわからない。

 プロローグにおいて著者は「『東電OL殺人事件』が起きたとき,世間は『発情』といってもいいほどの過剰な反応を示した」と評しているが,正直なところ,当時の報道についての記憶は「スキャンダラスな事件なのでスキャンダルとして扱った」といった程度の印象しかない。
 上場企業のエリート女性社員が夜になると立ちんぼうの売春婦,そのあげくに殺されたのだ。週刊誌やテレビがこれに飛びついて扇情的に扱わないほうがどうかしている。
 「ついには彼女がベッドの上で撮った全裸写真を掲載する週刊誌まで現れた」とあるが,事件にかかわる女性のヌードが入手できたら掲載したがるのは彼らの「仕事」としての本スジだろう。被害者だから加害者だからと載せない方針を打ち出すとしたらそちらのほうがよほどどうかしている(人権問題から掲載されることはあり得ないだろうが,どこそこ大学の学生たちによる集団レイプ事件の現場写真があったならそれを入手したがらない,載せたがらないブンヤがいるだろうか?)。

 だが,とにもかくにも佐野眞一はこの事件に「大量のアドレナリンを身内から分泌」し,円山町の事件現場,被害者の父親の出身地,あげくに遠くネパールの高地まで足を運んで取材を重ねる。その過程は面白くないといったら嘘になる。
 年収1000万はあったのではないかと想像されるOLが,セックス1回について5000円,場合によってはもっと安い売春婦として几帳面に毎晩働き続けたこと(その方面には詳しくないが,この金額が相当安いほうであることは想像にかたくない)。いや,そのような枠組み以上に,「コンビニエンスストアで百円玉を千円札に,千円札を一万円札に『逆両替』し,井の頭線の終電で菓子パンを食い散らかし,円山町の暗がりで立ち小便をする」,あるいはどこかで拾ってきたと思われるビール瓶を酒屋に持ち込んで五円,十円と金に換える……そういった被害者の一種の「奇行」がなんともいえないリアリティをかもし出すのだ。ことに,なんというか「たまらない」のは,被害者が円山町のセブン-イレブンでオデンを買うのに,一つのカップに一つの具を入れて,汁をどぶどぶといれ,そのカップをいつも五つくらい使ったというエピソードだ。これらの行動になんらかの病的な要素,あるいは意味を求めることも不可能ではないかもしれない,だが,そのような解釈を拒絶する高い壁のような手応えがここにはある。

 一方,犯罪事件捜査の面からも,この事件は奇妙な様相を示す。
 警察や検察は,意図的であるかのように愚かの上にも愚かな対応をし続ける。まるで探偵の推理を引き立てるためにとしか思えないほど短絡的な推理を繰り返すミステリ小説の警部,あるいは一度島流しにあった前科者をすぐ犯人扱いして引っ立てる敵役の岡引のようだ。しかし困ったことに,その裏の活動はそれなりに組織的で,一見まっとうな法治国家に見えるこの国が実はきっちりと構築された愚かさの上に成り立っていることがよくうかがえる。
 もっともこれは考えてみれば当たり前のことで,上場企業であろうが官庁であろうが,親しく仕事で付き合ってみれば4人に1人,いや3人に1人はどうしようもない輩だということはすぐわかる。警察や検察にだけきちんとした人材がそろっているなどと夢見るほうが無茶なのだ(それにしても,これだけ具体的な証拠のない案件を担当させられ,なおかつベストセラー作家にその無能を書きたれられた検察官たちには同情を禁じ得ない。もしかしたら彼らは調書に目を通した時点で「あちゃーこりゃシロだ」と思っていたかもしれないではないか)。

 さて,著者の視点に戻ろう。
 先に書いたとおり,著者は事件に発情し,被害者にアドレナリンを分泌し,被疑者の潔白を信じて疑わない。ネパール人の被疑者は,アリバイその他の面から確かに犯人とするには無理があるのだが,それにしても詳細を調べる先から犯人ではあり得ないと断定的な書き方をしてしまう著者もいかがなものかと思う。これでは先の警察,検察の対応の裏返しにすぎないのではないか。

 また,巻末の精神科医 斎藤学と著者の対談,これがなかなか面白い。ここでは被害者の女性の行動が,敬愛する父親と同じ企業に入りながら,父親のようになれなかった自分への(懲罰的超自我による)一種の自己処罰であることが示唆される。出来すぎと言っていいほど実にわかりやすい。
 だが,自ら堕落として娼婦の道を選んだ被害者にはすなわち東電のエリート社員であることを上,娼婦であることを「落ちる」先とみなす意識があったということだ。しかし,そもそも,東電に勤めることを無条件にイコール品行方正なエリートとみなしてしまうことのほうが正直言って不思議だ。一部上場の大企業,大手銀行,官公庁……。これらのどこがどのように売春業よりエラいのだろうか? 被害者の選択はプロの娼婦を見下すようでもあり,実は彼女が端緒(ハナ)っから低い水平線にいたことの顕れのように思われてならない。

 一流企業と呼ばれる組織で何億という金を動かせることが上流で,円山町の暗い駐車場でまぐわうのが下流。セックスに対する侮蔑であり,そのような貧しい性行為は5000円ですら高い,と思えてしまう所以である。

« 最近読んだコミック その三 『頭文字D(27)』『蟲師(1)~(3)』 | トップページ | 書評未満 『AV女優』『AV女優2 おんなのこ』 永沢光雄 / 文春文庫 »

ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近読んだコミック その三 『頭文字D(27)』『蟲師(1)~(3)』 | トップページ | 書評未満 『AV女優』『AV女優2 おんなのこ』 永沢光雄 / 文春文庫 »