フォト
無料ブログはココログ

« 『ゴースト・ラプソディー』(全2巻) 山下和美 / 講談社漫画文庫 | トップページ | アンリ・ミショー「安穏をもとめて」 ~あるコミック作品の前奏として~ »

2003/06/30

『謎解き 少年少女世界の名作』 長山靖生 / 新潮新書

60【(『若草物語』のジョーとローリィは)揃いも揃って,自分が現実に所有している性と,こうでありたいと望んでいる性が分裂している倒錯者なのである】

 試みは素晴らしく面白い。

 要は,「少年少女世界の名作」として扱われてきた過去の文学作品のあれこれをまな板に乗せ,これまでとは違う切り口で料理してみようというものである。
 取り上げられた作品は『フランダースの犬』『王子と乞食』『小公子』『宝島』『家なき子』『十五少年漂流記』『ドリトル先生物語』『ピーター・パンとウェンデー』『野性の呼び声』など,懐かしくも記憶に鮮やかな作品ばかりだ。

 だが,1つ1つの論評を読んでの印象は,残念ながらあまり鮮やかとは言いがたい。

 たとえば斎藤美奈子の『妊娠小説』や『紅一点論』と比較してみよう。その差は歴然だ。過去の名作を思いがけない角度から切りほぐしてみせる手法は両者とも変わらない。しかし,斎藤美奈子の論評は,ある「名作とされている作品」読了後に残る一抹の怪しさ,信用しきれない頼りなさを,たとえば「妊娠小説」あるいは「紅一点」といった独自の視点から切って捨てる。つまり,斎藤論評では,「名作とされているが,どこか信用できないような気がする」→「この視点から見てみるとなるほど実に情けない」→「なぁんだ怪しいと思ったがやっぱりダメじゃん」と,一連の流れが強烈に「ツジツマ合ってる!」のである。

 一方,『謎解き 少年少女世界の名作』はどうか。
 なるほど,個々の論評は作者の経歴や時代背景をもよく調べ,論旨にもそれなりの説得力はある。しかし,それはいずれも一種の積み上げ的な情報でしかなく,あっと驚く意外さには乏しい。
 たとえば,『フランダースの犬』の悲劇が,絵を売ることを是としないネルロ少年の「謙虚というより,ひきこもり的な,性格欠損」にあるとする視点,さらにはそういったシャイで繊細な芸術家のイメージを愛好する傾向は日本人独特のもので,実は『フランダースの犬』は日本人にしか読まれていないという事実……。これらは児童書やアニメで『フランダースの犬』に親しんできた者には思いがけない指摘かもしれない。しかし結局のところ,著者はこの指摘をもって何を語ろうとしているのだろう。何を破壊,あるいは構築しようとしているのだろうか。
 『宝島』が契約精神に貫かれた経済的な物語であるとの指摘,教育と無関係に天才的に「よい子」として育った『小公子』の物語が子育てになんら役立ちはしないという指摘,孤児である『少女パレアナ』の「喜びのゲーム」は周囲の者たちへの執拗な攻撃であるとする指摘。これらはいずれも一見スジが通ってはいるのだが,では読み手はいったいそれをどう受けとめればよいのか。これらの「少年少女世界の名作」をもう名作扱いするのを止めるべきなのか,それとも反面教師として深読みしながら付き合い続けるべきなのか。

 期待が大きかったせいもあるだろうが,この企画ならもう少し技のふるいようがあったろうにと惜しまれてならない。たとえば一人の著者に任せるのではなく,中経出版『ウルトラマン研究序説』のように,さまざまなジャンルの専門家がさまざまな切り口から「少年少女世界の名作」を論ずるなど……。

« 『ゴースト・ラプソディー』(全2巻) 山下和美 / 講談社漫画文庫 | トップページ | アンリ・ミショー「安穏をもとめて」 ~あるコミック作品の前奏として~ »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ゴースト・ラプソディー』(全2巻) 山下和美 / 講談社漫画文庫 | トップページ | アンリ・ミショー「安穏をもとめて」 ~あるコミック作品の前奏として~ »