フォト
無料ブログはココログ

« コギレイなパラサイトたちの物語 『ヒカルの碁』 原作 ほったゆみ,漫画 小畑 健,監修 梅沢由香里四段(日本棋院) / 集英社(ジャンプ・コミックス)現在15巻 | トップページ | ここで会ったが百円め,百円も承知の 『カラスの事件ファイル 紫陽花寺殺人事件』 吉岡道夫 / ダイソー・ミステリー・シリーズ2 »

2002/01/20

十代の夢のフローチャート 『キスまでの距離 おいしいコーヒーのいれ方I』 村山由佳 / 集英社文庫

73【俺がどれだけ悩んだかわかってるのか!】

 マンガならでは,としか言えないような設定,というのがある。
 たとえば
   実は兄妹あるいは姉弟であった
   実は兄妹あるいは姉弟ではなかった
   不良にからまれた彼女を助けた
   親が長期留守することになって従姉と暮らすことになった
   いつもは「なによ年下のくせに」と生意気な彼女が突然泣き出した
   誰もいないと思ってシャワールームに入ったら彼女が悲鳴をあげた
   小さな喫茶店の寡黙なマスターは元有名スポーツマンだった
と,思い浮かぶままいくつか並べてみると,これってあだち充の専門分野じゃないかと思いいたるわけだが,今回は『みゆき』も『タッチ』も関係はない(話がそれたついでに……柳沢みきおの『翔んだカップル』の続編『翔んだカップル21』が最近連載されているそうだ。昨年暮れには単行本も発売された。30歳になるまで互いに恋し合いながらとうとう結ばれることのなかった勇介と圭はいまや50歳になって親の世代なのだそうだ。『特命係長 只野仁』に登場するくたびれたオヤジたちといい,いつの間にか見事な中年マンガ家になってしまったなぁ,柳沢みきお。単行本推計400冊)。

 さて,本書『キスまでの距離』は,数年前に文庫化されて以来ずっと気にかかっていた1冊だ。
 内容ではなく,ナウシカふうの表紙のイラストの2色刷りが目に心地よかったからである。ちなみに同シリーズ3巻目『彼女の朝』の文庫の表紙もとても好もしい。
 ただし,当たり前のことだが,表紙がよいからといって読み甲斐のある本であるとは限らない。カラスは小池真理子のサスペンス小説は読みたくてたまらないほうではないが,彼女の数十冊ある文庫の表紙はいずれもなかなかの力作で,表紙だけを目的に集めてみたいほどである。

 というわけで本書も,発売されてしばらくしてふらふらと購入してしまったものの,とくに急いで読む必要も感じないままに本棚に積んだままになっていた。
 なにしろ裏表紙の惹句が,
「高校3年になる春,父の転勤のため,いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは,久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は,彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち,勝利はかれんの秘密を知り,その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい! いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。」

 ……もう,まんま,どこを切ってもマンガである。いまどき,少女マンガでもこれだけどっぷりした設定はないのではないか。

 先日,ちょっとした外出に軽くて薄い読み物を,とポケットに詰め込んで出先で読んでみた。
 いやはや,マンガならそれなりに読めてしまうだろうこの設定が,文章だとなんと甘いことか。気の抜けたコーラ,お茶なしの落雁。シッポまでアンコの詰まった鯛焼きにメープルシロップかけて真っ黒い羊羹と一緒に汁粉に浮かべたくらい甘い。
 主人公ショーリ君は男らしさを求めてイキがり,喫茶店にはHey Judeが流れ,2人が互いの思いを確認するのは風の海辺だ。全編,すべての行がてれてれと「おもはゆい」。

 いや,甘いからいけないと非難しているわけではない。

 ある世代にこういった物語が必要なことはよく知っている。彼ら彼女たちにとってこの甘さは嗜好品の甘さではなく,日々の活動の糧なのだ。シリアスぶった書き手自身のための精神的マスターベーション純文学より,ある意味よほど誠実にニーズに応えているようにも思う。いや,ずっと好もしい。

 というわけで,続編も読もうっと。ただし,虫歯には気をつけなくっちゃ。

« コギレイなパラサイトたちの物語 『ヒカルの碁』 原作 ほったゆみ,漫画 小畑 健,監修 梅沢由香里四段(日本棋院) / 集英社(ジャンプ・コミックス)現在15巻 | トップページ | ここで会ったが百円め,百円も承知の 『カラスの事件ファイル 紫陽花寺殺人事件』 吉岡道夫 / ダイソー・ミステリー・シリーズ2 »

小説・詩・文芸評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コギレイなパラサイトたちの物語 『ヒカルの碁』 原作 ほったゆみ,漫画 小畑 健,監修 梅沢由香里四段(日本棋院) / 集英社(ジャンプ・コミックス)現在15巻 | トップページ | ここで会ったが百円め,百円も承知の 『カラスの事件ファイル 紫陽花寺殺人事件』 吉岡道夫 / ダイソー・ミステリー・シリーズ2 »