フォト
無料ブログはココログ

« 妻は夫の奴隷か!?(←ちょっと大げさ) 『ミミズクとオリーブ』 芦原すなお / 東京創元社(創元推理文庫) | トップページ | 安楽椅子探偵短編集のイチオシ 『ママは何でも知っている』 ジェイムズ・ヤッフェ,小尾芙佐 訳 / ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス »

2000/12/01

光あるところに影がある 『史上最強のオタク座談会 封印』 岡田斗司夫・田中公平・山本 弘 / 音楽専科社

Nimg2646【トトロの森のエコ・ジジイ(笑)】

 やはりオタクたる者,無難に嫌われない安易な道よりは己の信じるイバラの道を歩むのが正しい「若さゆえの過ち」である。本書はオタキング・岡田斗司夫,正しい音楽家・田中公平,と学会会長・山本弘による鼎談であり,『オタク学入門』から一歩進んだオタク学応用編と言えよう。
 もともとは音楽専科社の「hm3」(hm3は「Hyper Multimedia Music Magazine」の略,実のところ季刊の声優雑誌である)に掲載された対談で,「あまりにやばい」と削られた部分までかなり忠実に再現したものである。確かに相当やばい。アニメ雑誌ではまず掲載は不可能だったろう。

 内容は
  宇宙戦艦ヤマト徹底大研究
  起動戦士ガンダム徹底大研究
  宮崎アニメ徹底大研究
  付録ノストラダムス大いに笑う
に分かれ,基本的にはヤマト以来のアニメ制作にまつわる「ウォッチャー」及び「現場者」としてあれこれ語り合うというもの。
 ともかく,危ない裏話にはことかかない。あるところで「××××は」などと匿名にしてあるので,「そうか,さすがにこれは匿名扱いなのか」と思いつつ読み進むと,ほかの章の内容を重ね合わせればしっかり名前や仕事がまるわかりになったりする。大丈夫か。

 たとえば,オタキングが宇宙戦艦ヤマトのスタッフルームへ遊びに言って「ヤマトの設定見せて!」と言ったら,全員顔を見合わせるという。ものすごいデカいキャビネットを開いたら,180センチぐらい紙が積んであって,しかもそのドアに「1」と書いてあるというのだ。スタッフとの打ち合わせや大学教授を招いてのブレイン・ストーミングを全部テープ起こししているらしい。内容はアイデアの宝庫で,これから発表されるSF作品はすべてその中にあるのではと思われるほどだが,量が多すぎてもう誰も活用できない。

 あるいは,

田中 ●本●之さんがね,あの人幽体離脱できてん,昔。で,ある声優さんに「昨日,君の部屋へ行ってきたよ」って行って,(中略)「ベッドの上に赤いタオルがあったでしょ」「ええ~っ!?」ってゾッとしたって話があったよ。
山本 それ,窓からのぞいたんちゃいます(笑)?  

 もしくは,実はドラえもんの声優とのび太君の声優は無茶苦茶仲が悪く,狭いアフレコ室ではしとはしに座っているらしい。ほかの声優が気を遣って大変そうだ。

 さらに,

田中 『ガオガイガー』の1話が(セルが)1万2000枚なんですよ。バカでしょ?
山本 バカですね(笑)。
田中 何を考えてんねん。初めにそんなやったら,あとはどないすんねん!?言うて。

岡田 筒井康隆ヘンですよ。やっぱちょっと神経症的なところがあって。話してる時にこやかなんですけどね。家帰ったら「あれはああいう意味やったに違いない…!」と思って電話かけてくるんですよ。「君はこういう意味で言うたね!?」「言うてまへん…」(笑)!

岡田 (ガンダムの富野はモビルスーツに)性器つけるんですよ。女性器か男性器かどっちか。で,メカの話する時も,すぐそういう下ネタに走るんですよ,打ち合わせが。
(中略)
山本 じゃあやっぱり,シャアがララァをバイブ調教したって話もホントやないかなー(笑)?

 ……などなど,ああもう! きりがない!

 ガンダムや宮崎駿の悪口は許さない,というファンは読まないほうがよいかもしれない。……いや,むしろ読んでほしい。
 オタクの道は批評の道。妄執はオタクのわざではないのである。

« 妻は夫の奴隷か!?(←ちょっと大げさ) 『ミミズクとオリーブ』 芦原すなお / 東京創元社(創元推理文庫) | トップページ | 安楽椅子探偵短編集のイチオシ 『ママは何でも知っている』 ジェイムズ・ヤッフェ,小尾芙佐 訳 / ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス »

心理・教育・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妻は夫の奴隷か!?(←ちょっと大げさ) 『ミミズクとオリーブ』 芦原すなお / 東京創元社(創元推理文庫) | トップページ | 安楽椅子探偵短編集のイチオシ 『ママは何でも知っている』 ジェイムズ・ヤッフェ,小尾芙佐 訳 / ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス »