フォト
無料ブログはココログ

2017/07/14

『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』 神田桂一、菊池 良 / 宝島社

Photo名は体を表す。それ以上でもそれ以下でもない。
もし、村上春樹や太宰治、三島由紀夫、夏目漱石といった文豪、あるいは星野源、尾崎豊らミュージシャンがカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたなら――

それだけの本である。

もちろん、なんの役にも立たない。だから、いい。
この1冊をこしらえるために費やされた学識、労力たるや大変なものだったろう。夜を徹し、いったいどれほどのカップ麺がすすられたことか。
それでこの内容。カップ焼きそばの麺をシンクにこぼしてしまった際の脱力感もかくやのかくや姫。

欲をいえば、文体模写の域に至らず、著名作の有名な書き起こし部分にカップ焼きそばの作り方を押しはめたようなページがなくもない、ような気もした。たとえば夏目漱石の項に「兎に角」が使われていない、など。

それでも、相田みつを、デーブ・スペクター、稲川淳二、内田樹、アンドレ・ブルトンから『週刊文春』、自己啓発本、利用者の声、迷惑メールまで、古今の文豪だけでなく近・現代の文体総カタログとなっているところが凄い。偉い。

ふと、顔ぶれを見渡して、西野カナとジャパネットの高田氏がいないのが寂しい。
もう一人、この手の文体模写ネタの常連だった野坂昭如がいない。ここでもまた、昭和は遠くなりにけり、か。

2017/07/11

原子朗先生の思い出

7月4日未明、詩人の原子朗先生が亡くなられた。享年92歳の大往生であった。

先生は宮沢賢治や大手拓次の研究で知られ、とくに宮沢賢治については花巻の宮沢賢治イーハトーブ館長を務めたこと、また『宮澤賢治語彙辞典』(筑摩書房)の編纂で知られる。

僕は原先生の不詳の弟子で、学生時代のゼミ以来、再三にわたり叱咤激励を授かったのだが、詩についても言葉の研究についても先生の教えを守るにはいたらなかった。それでも、大学に通うことの意味すら見失っていたあの頃、先生に出会っていなければ、今ごろどこかでのたれ死んでいたに違いない(先生には卒業、就職、転職、結婚の都度都度お気遣いをいただいた。左記はあながち大袈裟でもない)。

原先生には、いつか伺おう、伺おうと思いつつ、とうとう最後まで伺うことのできなかったことが一つある。
「表現演習」という先生のゼミで──これは学生が詩でも小説でも論評でもなんでも自由に提出し、まず学生どうしが読書会形式で品評を重ね、最後に先生が評を述べる、という形式のものだった──ある時短い詩を提出したところ、先生が何を思われたかその青焼きを手に「これを今度の学会で使ってよいか」と仰る、ということがあった。
なんでも次の土曜日、現代の若者の言葉遣いについて、といったようなことであったのだが、その時はなんとも思わず、その学会なるものもどこで行われるのやら、見に行ってよいものやらもわからないままただ了解して終わった。
自分の書いたものが、果たして使われたのかどうか、使われたのであるならどのように──有り体に言えば褒められたのか、貶されたのか──ということが気になったのはずいぶん後になってのことだ。
しかし、こと詩の言葉遣いにはとことん厳しい先生のことである。そうそうよい例として使われたとも思えない。いや、悪い例として使うなら、あのゼミの当日もっと厳しい言葉でたしなめられていたのではないか……などなど、考えてもまるきりわからない。
そうこうするうち5年が経ち、10年が経ち、今さら聞いても覚えておられないかもしれない、今さら聞くのも人間が小さいように思われるかもしれない、などと思うともう聞けない。
そうこうするうちに40年、これはもう先生からの人生の宿題、と考えることにした。
そうでなくとも、先生からは山のような宿題をいただいているのだ。

原先生のもう一つの顔は講談社学術文庫から『筆跡の文化史』を上梓し、テレビで戦国大名や宮崎某の筆跡鑑定をしてのけた書家としての顔で、毎年秋になると銀座7丁目の長谷川画廊で書や書画の展示会(墨戯展)を開かれていた。僕は会社が近いこともあってたいてい初日の昼に顔を出す。すると小さな四角い木の椅子に腰かけ、土産の菓子と茶を前に客と話をされている先生がこちらを見上げ、くわっと目を見開いて「おう、編集長」と声をかけてくださる。「いや、先生、自分はもう編集長ではなくて」と訂正しても、次の年も「おう、編集長」。次の年もまた「おう、編集長」。
「先生、最近は編集ではなくてインターネットの仕事で」
「先生、もうずっと携帯電話の電波の仕事で」
と似たようなやり取りを繰り返すうちに先生もお年でここ数年は「墨戯展」も開かれなくなっていた。
事実とは違っていても、先生の中で最後まで編集長であったならそれはむしろ誇らしい。
仕事のうえでは、先生の仰る言葉への心遣いを貫徹できたとは言えない。ブルドーザーで言葉を運ぶようなひどい仕事ばかりしています、すみません、と賀状では何度も謝った。
それでもこの年まで言葉にかかわる仕事を続けられたのは、先生の志を受けてのことだと胸を張りたい。

ご冥福をお祈りします。

2017/07/04

〔短評〕 『短篇ベストコレクション 現代の小説2017』 日本文藝家協会 編 / 徳間文庫

Photo2000年より続いている「小説雑誌や出版社のPR誌などに掲載された数多くの短篇小説の中から選び出された年間優秀作のアンソロジー」たる本シリーズだが、今年の1冊は……なんだか、おかしい。

品質が低いわけではない。ではなくて、選者の好みなのか、圧倒的に「ほのぼの」「ほっこり」風味の作品が多いのである。

両角長彦「給餌室」、太田忠司「猫とスコッチ」、法月綸太郎「砂時計の伝言」など実は悲惨なサスペンス、柴田勝家「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」、三崎亜記「流出」のように最新IT技術やネット環境を素材にした実験的な作品もなくはない。だが、それらすべてを含め、全体に「なごみ系」「ペーソス」の味わいが強いのだ。ラブロマンスめいたものもいくつかあるが、いずれも草食に煮え切らないか「なんちゃって」に終わる。
明るく前向きな青崎勇吾「早朝始発の殺風景」、芦沢央「水谷くんに解けない謎」は大昔の中高生向け雑誌の付録に載っていそうだし、ファンタジーにしてもよくわからない小島水青「花はバスにのって」は詩とメルヘン。
ほかにいくらでもシリアスな短篇があったであろう今野敏からわざわざ「タマ取り」を選ぶにいたって、確信犯かとも思う。少なくとも今年のこの1冊に限り、選者たちは一定以上に深刻な(ないし深刻ぶった)短篇を排除したのだ。

その中で最も救いのない物語は今村夏子「父と私の桜尾通り商店街」だったろうか。ところがこれに選者の一人、清原康正は「ほんわかとした気分にさせてくれる」の評。
何を考えているのか。さっぱりわからない。

2017/06/30

〔短評〕 『僕が私になるために』 平沢ゆうな / 講談社 モーニングKC

Photo_5【トゥデ~イ イ~~ズ……  オペレ~~~ ~~ショーン!!】

この「くるくる回転図書館」をときどきでも覗いていただいている方には、烏丸がことジェンダーや性同一性障害(GID)について疎い、語る言葉を持たないことにお気づきかと思う。要は凡庸で想像力に乏しいのである。

元男性の作者がタイで性別適合手術(SRS)、早い話が男性器を切除する過程をユーモラスかつ具体的に描いた本作は、昨年の春、モーニング誌上でリアルタイムに読み、その後すぐ発売された単行本も手に入れていつか取り上げようと思いつつ、どう書くか見当のつかないまま今に至った。
正直にいえば作者(=主人公)の悩みは理解の外にある。だが、作者が一個の人間として己と対峙し、先の道すじを明らかにするために歩みを進めたことはわかった。さらにおそらくは想像を絶する本人の苦しみや周囲の冷たい目線、病院通いや裁判所での手続きへの葛藤があったであろうにもかかわらず、タイでの手術の過程を愉快に描くことに焦点をしぼり、その前後はさらりとかわした(描いていないわけではない!)ところに、作家としての力量を感じた。

単行本は発行部数が少ないのか書店店頭ですぐ見かけなくなったし、性同一性障害を扱った書物の中でどういった位置にあるのかよくわからない。
それでも、作者のナイーブな内省、術後の痛みあれこれ、底抜けに明るいタイのナースたちの描写を楽しむだけでも価値はある。一人でも多くの方にお奨めする次第。

〔短評〕 『ドラゴン・ヴォランの部屋 レ・ファニュ傑作選』 J・S・レ・ファニュ、千葉康樹 訳 / 創元推理文庫

Photoレ・ファニュの貴重な中・短篇集。

とはいえ、
  ロバート・アーダ卿の運命
  ティローン州のある名家の物語
  ウルトー・ド・レイシー
  ローラ・シルヴァー・ベル
の怪奇短篇4作については、「怪」が「妖美」の庭に踏み入ってかつ静謐な『吸血鬼カーミラ』や傑作と名高い短篇「緑茶」と同じ作者によるものと思えないほどありきたりな印象。
逆にいえば19世紀半ば、すでにのちのホラーのさまざまなパターンを自家薬籠中の物としていたレ・ファニュこそはプロフェッショナルなエンターテイナーだったのかもしれない。

なお「ティローン州のある名家の物語」(1839年)はシャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』(1847年)のネタ元だったと目される作品。確かにトラブルの鍵となる人物の設定はかなり似ている──作風や主人子の描き方はまるで異なっているが。

巻末の表題作
  ドラゴン・ヴォランの部屋
は、カーミラの作者による中篇、と身を乗り出すとがっかりするが、肩の力を抜いて、ロマンを求めてパリを訪れたイギリス人青年の冒険を皮肉たっぷりに描いた犯罪小説と読めば痛快。
千葉氏の翻訳は平井呈一に比べれば古雅風趣では劣るものの、こと本作においては展開の疾走感に見合って読みやすい。

«『恐怖の百物語 第1弾』 関西テレビ放送 編著 / 二見レインボー文庫